あべ弘士ART BOX 動物たち

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (6)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062139106

作品紹介・あらすじ

「旭山動物園」元飼育係・あべ弘士、はじめての動物画全集
収録作品200点余!

「あべ弘士の世界展」記念出版
『どうぶつえんガイド』『あらしのよるに』の大ヒットを生んだあべ弘士の今日までの歩みが1冊に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完了日 : 2009年08月21日

    動物画全集。癒される。だまされたとおもってぜひ観て欲しい。
    大きさがいいのです。15×15×2です。
    アンドリューワイエスの画集と同じくらいしばしば
    開くことになりそう。

  • あべ弘士さんの絵が存分に楽しめる一冊。

    小さいけど分厚い、ボリュームたっぷりの本です。
    本当に色々なタッチで描かれているのに、どれも
    「あ、あべ弘士の絵だ」と思わせる共通点が
    あるような気がします。生命力満載というか。

  • この本を読んで、話題の旭山動物園の飼育係、 子ども達が小さい頃大好きだった工藤直子の『ゴリラはごりら』(CD付き)の挿絵を描いた人、『あらしの夜に』の作者が、同一人物の“あべ弘士”だったのだと初めて気づいた。

    動物をテーマにした歌の数々は当時よく歌ったのでとてもなつかしい。今でも「泣くなよなあとワニは言い〜」とか「サイは駆けてくどこまでも〜」など少し歌える。

    全作品を見てみると『あらしの夜に』がたまたま引き当てたヒット作というのではなく、彼がこれまで動物たちや絵に賭けたすべての営みの結実だったことが納得できた。

    作者自身と作者の生き方そのものにみんなが惹かれるのだ。

    作成日時 2007年05月28日 18:13

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年北海道生まれ。旭山動物園飼育係として25年館勤務。絵本『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞・産経児童出版文化賞JR賞、『ゴリラにっき』(小学館)で小学館児童出版文化賞など多数の作品がある。

「2020年 『氷上カーニバル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あべ弘士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
モーリス・センダ...
ユリー・シュルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×