とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起

著者 :
  • 講談社
4.02
  • (18)
  • (8)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062139441

作品紹介・あらすじ

この苦が、あの苦が、すべて抜けていきますように。「群像」連載時より大反響の長篇詩遂に刊行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とげは抜けども増すばかり。されど言葉の花が咲く。
    表紙の赤はバラか、それとも血の色か。歌って頂きましょう。伊藤比呂美、とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起。

  • こんな小説、
    読んだことがない。
    最高です。
    「苦が、苦が」
    というあたりが、
    もう面白くてしょうがない。
    伊藤比呂美は、
    今まで良い読者じゃなかったけれど、
    これは面白い!!
    マジで、
    こんな小説、初めてだあ!!
    しかし、読むのに、もの凄く時間がかかった。

  • 女性生理を赤裸々に表現したインパクト、
    それからの成熟。
    とりあえず必読です(^^)

  • 日記のような詩集のような。
    心にはまる。

  • フェミニズム華やかなりし頃、布で作ったたくさんの女性性器の花のようなオブジェの展覧会があったっけ。「あたしって便器」と言い放った伊藤比呂美の最新現代詩集は、やっぱりすさまじく過激で私は正直ついていけない。再々婚同士の外人夫と父親の違う娘たち、ボケはじめた両親の介護でカルフォルニアと熊本の往復・・。体力ある人だ。この詩集は他者の著作を声として拝借しているので独特のリズムが生れている。生きることにがむしゃらで全ての恐れの前に立ちはだかっていく凄み。性から生へそして死へ。石牟礼道子さんとの対話の再現が印象に残る。

  • 読むのにすごくエネルギーが必要。
    それ以前に、詩や文学をある程度知っている、と言う前提が必要。
    そして内容はこれでもか~、的すさまじさ。
    やっと「読み終えた」という感じ。
    多分、私はきちんと理解しきれていないと思うけど。

  • 強く繰り返す言葉たちがある。リズムと心の痛さ。彼女はどこまでも女を生きる。

  • エッセイ・散文調に書かれてはいるが、スピリットはまるで詩?のような、ちょっと形容できない伊藤比呂美の文章。
    最初から最後まで伊藤比呂美全開・・・カリフォルニアから熊本県に毎月のように通って老いた母や父を看て、10歳の娘を日本の学校にいれ、アメリカの東のほうの大学にいる拒食症ノイローゼ気味の真ん中の娘をいたわり、歳の離れた老齢の夫の世話を焼く。家には犬やら植物やら、ケアの必要な生き物がほかにもいろいろ居るので、この詩人は大変忙しい。しかも、普段は異文化でユダヤ人の夫とともに生活してるわけだから、一神教の西欧文化と日本の「お地蔵様」崇拝文化との狭間でいろいろ考えたりする(ほとんど悩みに近い)

    そんな人生ぜんぶ、言霊を作るかのようにことばに込める。詩人だから、そういう仕事なんだろうけど、この人は本当にことばを作るために生きてるみたいだ。
    ことばが伊藤比呂美・・・っていうのは、詩人としてはすばらしいことなんだろうなと思う。
    読む人は、そういう壮絶なことばを通して、人間の本質みたいな、死や生を想う。

    死ぬってなんだろうって考えたら、伊藤比呂美は文学を読む。それも日本の古典(古典フェチ気味だけど、この人の訳は面白いんだよね。勉強になります)。
    何のために文学を読むのか、詩を読むのか、小説を読むのか、っていったら、それは生とか死とか愛とか性を知るため。私の知らないことを知るため。そういう姿勢が、伊藤比呂美がつむぐことばの中にしっかり息づいていて、私は心底、この人すごいな~と思う。

  • どうしよう。涙がどわぁ~。ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとうございます。もう1回読む!

  • 【配架場所】 図書館所蔵なし

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。詩人。78年に現代詩手帖賞を受賞してデビュー。性と身体をテーマに80年代の女性詩人ブームをリードし、同時に『良いおっぱい 悪いおっぱい』にはじまる一連のシリーズで「育児エッセイ」という分野を開拓。近年は介護や老い、死を見つめた『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞受賞)『犬心』『父の生きる』、お経の現代語訳に取り組んだ『読み解き「般若心経」』『たどたどしく声に出して読む歎異抄』を発表。人生相談の回答者としても長年の支持を得ており『女の絶望』『女の一生』などがある。一貫して「女の生」に寄り添い、独自の文学に昇華する創作姿勢が多くの共感を呼んでいる。現在は、熊本と米国・カリフォルニアを拠点とし、往復しながら活動を続けている。

「2018年 『たそがれてゆく子さん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起のその他の作品

伊藤比呂美の作品

ツイートする