中美恵のキレイになるマクロビ教室 食べるエステ

著者 :
制作 : 中 広行 
  • 講談社
3.86
  • (12)
  • (7)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062140379

作品紹介・あらすじ

自然との調和を大切にする「マクロビオティック」の考え方に基づいた、もっとも伝統的でナチュラルなキレイになる方法。食べ物がカラダに与える影響やそのしくみ、野菜の持っている力とキレイの関係を意識して食べることを提唱します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 月のリズムとともに、という点に着目して購入。面白かった。アロマやヨガなど体にかかわることを勉強していると結局、月の満ち欠けやスピリチュアルなもの、そして食生活に行き着きますね。それと「これを極めたことで自分を好きになった」というのがキーワードみたいですね。ほどよく取り入れていきたいです。

  • 342

  • 食べること、食べる物の大切さが本当によくわかります。
    読んだことを実践したら体に良いとわかりつつも、まだ実践出来ていないのですが・・・☆
    私がマクロビオティックに興味を持ち始めるきっかけとなった本です。

  • 体の中からきれいにするための教科書的な本。
    目からうろこの情報もいっぱいでした♪

  • 本屋さんでなにげなく立ち読み☆
    体質チェックをしてみたら、ぴったり!!!

    よ〜く考えると当たり前かもしれませんが、
    人間の体って食べたものでできているんですね☆

    症状別に対策メニューも載っていて読んでるだけでもおもしろい(^^

    即買いして、マクロビ教室の説明会まで行っちゃいました。

    地や宇宙のエネルギーと調和して無になって存在する。
    なんともステキな考え方ですね。

  • 私の身体は食べたもので出来ている・・・

    当たり前なことだけれど、そこをキチンと認識して、健康な身体を作っていこうという本らしいです。
    また、寒いときは身体を縮め、暖める。身体を縮めたり暖めたりする効果のあるものは寒いところで捕れる。
    その逆に、暑いときは身体を緩め、熱を発散させようとする。そういう効果のあるものは暖かいところで採れる。

    だから、その土地でよく生きていこうと思ったら、その土地で取れたものを食べると良いんだって。
    そんなことまで書いてある。
    なんだか面白い♪

  • マクロビオティックと言うと

    あまり馴染みのない食材
    ストイックな
    とっつきにくい

    と言うイメージを抱きがちなのですが(少なくとも私は)
    この本では著者中美恵さんが独特のやわらかな言葉で、マクロビで言うところの陰陽だとか春夏秋冬をわかりやすく噛み砕いて教えてくれます。

    面白かったのは、食べたものと顔に出てくるマイナートラブルの関係が書かれたチャート。
    例えば、口まわりにこの症状が出ているのはあの食材を食べたからじゃない?とか
    乾燥肌の人にはパン(精製された小麦)好きが多い・・みたいなのが細かく書かれていて、まぁそれが興味深く。


    ほかにも身体的なものだけでなく、イライラだとか心の不安定だとか。逆にハイになりすぎだとか。
    精神的な症状のきっかけや原因のひとつを見つけることもできるかも。

    「人間は食べたもので作られる」
    なるほどー!と言う感じ。

    お肉や魚を悪者にするのではなく
    お野菜食べたい!
    って自然に思っちゃう一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

中美恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

中美恵のキレイになるマクロビ教室 食べるエステを本棚に登録しているひと

ツイートする