そろそろ旅に

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (4)
  • (4)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062141338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のちに十返舎一九の名で野次喜多が主役の「東海道中膝栗毛」を著する、駿府の同心の長男で見習い同心身分だった重田与七郎の若き日々半生を描く松井今朝子さんのフィクション作品、駿府を幼馴染の家来・太吉と大坂東町奉行の小田切土佐守頼り旅に出、奉行の部下・武士から娘を助け知り合った大阪の材木問屋の養子~浄瑠璃作家…流転の半生。序盤の大坂が舞台となる場面懐かしい地名がでてきて、楽しく読めた。

  • 十返舎一九の半生。面白く読めた。

  • 面白かったが妙に長く感じた。読んでも読んでも終わらない感じ。この方の作品でそう感じたのは初めて。太吉の伏線には途中まで全く気付かなかった…。

  • 面白く読みました。主人公は十返舎一九。彼が、あれこれあれこれ経験した後、「東海道中膝栗毛」を書くまで、という筋立てになっていて、彼自身の人となりも生き生きと描かれていたのだけど、化政文化の文人たちが一九と関わる中で次々と生身の姿として描写されているのがよかったです。一九は元武士だというのは知っていたつもりですが、生家のある駿河から江戸、そして大阪、また江戸と住まいを転々とした、というあたりがとても面白かった。(だから文人たちも大阪、江戸と両方出てくるし)一九の、心がここに定まらない感じ、いつも旅の途中であるような心持ちがなるほどねぇ〜〜と思わせられたのは、さすが松井さん、というところなんでしょう。そんな性格から、戯作作者として大成するまでの過程もうんうん、そうだったのかもね、と。ただ・・・ネタばれです。最初から出てきていた、従者の太吉が実は彼の妄想だった、という仕掛けは、もうちょっと面白くできたのでは・・?? 途中から太吉が実在してないのは誰にでもわかるようになっていたのに、最後に種明かしみたいな書きぶりではちょっと興がそがれた気がしました。二つに揺れる気持ちを持つ時に出てきてアドバイスをしてくれる太吉、という扱いはよかったと思うし、また、なぜその妄想に捕らわれていたか、という彼の罪の意識もよく出来ていたと思うので、もうちょっと作り込んでほしかったかなぁ、と。

  • 何かから逃げるように
    何かを追い求めるように
    旅に出る
    与七郎こと十返舎一九

    太吉という友を犠牲にして
    生き延びた苦悩からなのか

    かつての友 太吉は
    今も自分の中に存在する

    それは、
    かつての友でもあり
    もうひとりの自分の
    心からの声でもある

    友に語りかけ
    自分の気持ちを探り
    決断する
    そしてまた旅立つ

    好奇心のおもくくままに、
    心のこえのまま
    時期が来れば
    また旅にでる

    そして
    その旅で
    「東海道中膝栗毛」を書き上げる

    そんな、十返舎一九の半生を知ることが出来た

  • 有吉佐和子の『悪女について』で用いられたような、一人の人物を関係者の証言を用いて浮かび上がらせていく、という手法でもって、江戸時代の大遊郭、吉原の花魁を描いた『吉原手引草』(昨年の直木賞受賞作ですな)も面白かったけど、今作『そろそろ旅に』はそれ以上に痛快な歴史小説でした。
    時は同じく江戸時代。主人公は、武士の子として生まれながら商家へ婿入りし、しかしろくすっぽ働かず、ばかりか、ひょいと(肉体的にも精神的にも)旅に出てしまう重田与七郎、後の十辺舎一九であります。「とは言ってもね、普通に中学高校で歴史を教わっていても、十辺舎一九ってそんなに大きく取り上げられないから、それほど馴染みある人物ではなかろうて」そんな風に思う方、まあ一寸お待ちなさい。よく知らない人物であればこそ、読んでいて与七郎のダメっぷりは滑稽です。そして、故郷から与七郎に随伴してきた太吉が、そんな与七郎をなじるのが、また、可笑しい。故郷の静岡から、大坂、果ては江戸へ。浄瑠璃作者として活路を見出しつつあった与七郎の旅の終わりは一体いつになるのやら。

    酒見賢一の『ピュタゴラスの旅』という作品の中で、数学の祖とされる「ピュタゴラスは旅人であった」というくだりがあるけれども、あるいはこの十辺舎一九も本質が旅人だったのかもしれませんね。その放浪癖が後の代表作『東海道中膝栗毛』の弥次さん北さんにつながってくるわけですけども。ちなみに単なる歴史小説というわけでなく、ラストでは思わずおぉと言ってしまうような展開も。元々著者はミステリーものも書いていましたからね。そんな感じの急展開。

  • 2009/11/04完讀

    這本書為作者十返舎一九在寫出名作「東海道中膝栗毛」之前的人生。
    十返舎一九原本是武士,放棄武士身份還參與淨琉璃劇本創作,入贅大阪材木屋,後來跑到江戸去繼續筆耕,當時很多鼎鼎有名的藝文界人士也紛紛登場,例如山東京伝、滝沢馬琴等等。
    一九的人生相當具戲劇性,但他其實是個沒定性的人,辜負妻子お絹和八重。旅行是他的天性,也是他最終的宿命。松井さん這本書名取得貼切,從這個角度切入寫一九也寫得很精采。
    此外,對當時江戸和大阪庶民的生活,刻畫相當細膩,讀完還可以對香道和當時的出版業有了些許的了解,很值得一讀。

  • 奥が深かった
    江戸時代の空気とにおいが文の合間から香ってきた

  • あの十返舎一九を主人公にした話です。
    松井さんらしく、今回も当時の大坂や江戸の文化や風俗について詳しく書かれていて勉強になります。
    ただ、主人公の一九(与七郎)に魅力が感じられないのが残念。

  • ●『東海道中膝栗毛』で名高い十返舎一九の、若かりし日の物語。
    駿河出身の侍、重田与七郎。彼が大坂奉行小田切土佐守に仕えるべく大坂に足を踏み入れたところから、話は始まる。
    与七郎はその地で人形浄瑠璃を知って筆を執るようになり、また材木問屋の婿に見込まれ武士から商人へ身を移すのであるが・・・。

    ●「面倒なことからはすぐに逃げ出したい」性分の与七郎は、すぐに旅に出たくなるのが難点。他にも大きな問題があるのだが、それは物語の終盤明らかに。
    この小説の魅力は、江戸の出版文化やそれに関わる版元蔦重や山東京伝と言った人物の描写。
    そのへんの取材っぷりが、松井今朝子の本領発揮と言ったところでしょうかね。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年京都生まれ。小説家。早稲田大学大学院修士課程修了。松竹株式会社で歌舞伎の企画・制作に携わる。97年『東洲しゃらくさし』でデビュー。『仲蔵狂乱』で時代小説大賞、『吉原手引草』で直木賞受賞。

「2018年 『作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美』 で使われていた紹介文から引用しています。」

そろそろ旅にのその他の作品

そろそろ旅に (講談社文庫) Kindle版 そろそろ旅に (講談社文庫) 松井今朝子

松井今朝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
三浦 しをん
湊 かなえ
森見 登美彦
松井 今朝子
三浦 しをん
宮部 みゆき
中島 京子
松井 今朝子
松井 今朝子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする