1日で人は変われる!

制作 : 森村 里美 
  • 講談社
3.44
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062141550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三十歳を過ぎた人生に疲れたトムがヨーロッパ旅行中に、ある老人に出会った。
    その老人から、ミケランジェロの「ダヴィデ像」について説明を受けているうちに、自分の中に眠っている才能と夢を引き出し、人生の転機を迎えることができた話し。

    私も、トムと同じように何となく旅をして、「あ、あのかの有名なミケランジェロが作ったダビデ像か!」と作品を見ただけで、終わってしまった。
    今、もう一度みられるとしたら、この本を持って1時間でも2時間でも、いや半日でも一日でもこの「ダビデ像」の前に立ち、自分を見つめ直したい。

    ○誰もが、とてつもない可能性を持っています。
     その可能性は天使の姿をしていてあなたの中に隠れています。
     その天使を見つけるのはあなた自身です。

    ○成功をおさめる人々は、どこが他の人々と違うか?
     仕事の様子を観察してみると、彼は仕事の細部まで自分のものにしているのです。

    ○イメージを描く「頭」と磨かれた技を持つ「手」が結びついたときあなたの成功の道は開かれます。

    ○恐れを避けて行動すること。
     行動しなければ、あなたの夢も志もただ無駄になるだけです。

    ○成長までの道のりは、長くて先が見えないこともあります。
     決してあせらないことです。
     そして、だからこそ、時間をかけた綿密な行動が必要になるのです。

    ○つねにベストを尽くした仕事をすることです。
     そうすれば機会はあなたに付いてきます。
     人は、抜きんでた者から目をそむけることはできなし、目をそむけないものだからです

  • 図書館で目がとまり、何となく借りた本。
    いろんなジャンルを乱読してるが返却日の都合で偶然アルケミストの次に読み、今、私は何かの転機か?と考えてしまった。主人公に教わる前にもう少し考えろよとか老人は自分のことをべた褒めしすぎとか突っ込んでしまったけど、簡潔にまとまっていて、読みやすかった。
    レッスン6の「じゅうぶんな準備をしながら進むことが大事なのです。」が大事。焦りがなくなる。

  • ビジネスマンのトムが仕事に行き詰まりフィレンツェを旅行している途中、謎の老人に出会い、アカデミア美術館のダビデ像について説明を受けながら、夢の実現方法について学んでいくというものです。そして謎の老人は、かの有名な●●●●●●●だったというお話です。夢を彫刻に例え、彫刻が石からどのように掘り出されていくか、老人が説明していきます。例えが具体的なので、実感が湧きます。大理石にそのまま向かうのではなく、下書きをし、青写真を描いてから、彫り始めることや、苦しみや逆境を、彫刻にヤスリをかけることに例える等は、言いえて妙です。

  • 2nd,Nov,2007

    ミケランジェロのダヴィデ像を教材として、イタリアの老人がレッスンをする。
    頭と手のバランスが大きいこと、はじめの一歩をスタートさせる勇気、名作システィーナ礼拝堂の道には幾つかの段階(作品)を経ていること、などが印象深い。
    こういう類の本は、読んで実行に移さないと意味がない。

  • お風呂で読む本。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする