若者言葉に耳をすませば

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062141604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若者言葉を肯定的に書いてありますが、
    結局、若者がきれいな言葉をつかうように
    するためには教育が大事とのこと。
    それよりマスコミ・家庭はどうやねん!
    とおもわずつっこんだ

  • 昨今の若者言葉について日本語学者である著者が分析した一冊。とはいっても気軽に読めます。ここでは一つ一つは取り上げませんが、著者によるまとめを引用しておきます。「若者たちは、若者言葉を使って、必死にコミュニケーションを図っています。?仲間意識を持ちたい、?自分の気持ちを伝えたい、?しかも感覚的に伝えたい。また、じゃれあいの時期ですから、?言葉で遊びたいし、?笑いを取って仲間の気を引きたい。また、若者は社会人のように鍛えられていませんから、?傷つきたくない。これらの目的が、若者に若者言葉を使わせるのです」(本文157ページ)個人的には「いと」「おほとのごもる」などの古語が多用されているという指摘が面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

山口仲美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

若者言葉に耳をすませばはこんな本です

ツイートする