イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2

  • 講談社
3.56
  • (5)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062142588

作品紹介・あらすじ

これが最先端の米国事情だ。泥沼のイラク戦争は、誰が始めたのか?日本の外交政策をも左右する、世界政治の潮目を読む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一部の概説を受け、直近の事例や他国との外交例を掘り下げ
    イスラエルロビーの果たした役割を説明する。
    掲載された6章全てに渡って非常に興味深い内容が続き飽きさせない。
    イラン、イラク、シリア、レバノンに対する外交政策は非常に勉強になった。

    主張は一貫しており、
    そういった面で結論に目新しさは用意されていない。
    だからこそ内容に共感でき、受け止められたように感じる。
    読んでよかったと素直に言える書。

  • Ⅰでまとめて述べた。

  • 1に同じ

  • 2009-02-10

全4件中 1 - 4件を表示

副島隆彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ヘンリー・A.キ...
サミュエル・P....
ヘンリー・A. ...
有効な右矢印 無効な右矢印

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2はこんな本です

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2を本棚に登録しているひと

ツイートする