野蛮人のテーブルマナー

著者 :
  • 講談社
3.13
  • (11)
  • (14)
  • (59)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 245
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062143660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 公立図書館で手に取る。
    ウクライナ人の取引先にウォッカを薄めてたしなめられたことを思いだした。

  • 日本人としては規格外のタイプ。諜報機関が日本にあったら(あるかもしれないけど)こんな人なんだろうな。でも本当の諜報員なら本出さないか。。。

  • いつもながら、佐藤優は 緊張した文章を書いている。
    インテリジェンス と言う言葉が 知性 と理解していたが
    全く、その意味よりも 諜報 と言うニュアンスが
    強いことに 今更ながら 驚くのである。

    日本人は 諜報や スパイというのに
    なじみがない。そのなじみのなさが 
    インテリジェンスという言葉の 知 
    と言う側面しか見ないのだろう。

    インテリジェンス とは
    『行間を読む』『文字と文字の間の隠された意味を読む』
    『覆いをひっぺがして、隠しているものを見つけ出す』
    『試掘する』『探索する』『諜報活動をする』

    茶飲み友達 食事 酒を飲む 賭博をする セックスをする。
    共同行動の 人間性が 発揮される場面が いいね。

    記憶 という能力は とても 大切なことなんでしょうね。
    ペッティングした時に
    ナイフで肉をきっている時に
    何を話していたのか
    それを思い出すことが できるようになることとか。

    それが 生きていく上での 欠かすことのできない 
    人間的インテリジェンス行為なんですね。

    『世界中にはブスなんかいない。要は酒が飲みたらないだけだ。』
    と言う世界観は とってもいいぞよ。

  • 【読書その98】よく読んでいる作家である佐藤優氏の著書。いつもどおり刺激的。

  • うーん…
    著者のやっつけ感と編集の凸凹さが残念。

  • インテリジェンスに関する具体的(結構)
    ぼかして書いてある。
     ビジネスについては対して
    触れていないのであまり役立たないかも。

  • 半分以上が対談。前半部分のテクニック論がもっと多い方が良かった。外交のことはよくわからないけれど、そのテクニックや表面上の報道ではわからないことが非常に興味深い。

  • いつ読んでも色褪せないインテリジェンスの技の数々。後半の鈴木氏との対談も貴重な示唆に富んでいる。

  • 大体言っていることはどの著書でも同じなのだが、切り口が違ったり、ケーススタディが本によって違うので、どれもそれなりに一読の価値がある。

  • 今までの佐藤優の書いたものの中で、「マナー」として抽出できるものを切り取って連載形式(実際にKINGで掲載していました)でまとめたもの。歴史色・外務省色が薄いので小川軒が好きな人は好きかも。

    自分としては参考にはなりますが、多少物足りなさがあります。

    内容的には、インテリジェンスというよりは、ビジネスでも政治でも、ある目的を持って人と接するとき、目的達成に有利になるようなマナーを束ねたもの、です。酒を飲めば人がわかる、とか動物行動学を勉強しろ、とか。

    動物行動学の話はどこの本でも言っているので、本格的に必要になるような気がします。取りあえずは、取り入りたい人とはたくさん飯を食おう、ということで。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野蛮人のテーブルマナーのその他の作品

佐藤優の作品

野蛮人のテーブルマナーを本棚に登録しているひと

ツイートする