引き寄せの法則

制作 : 石井 裕之  石井 裕之 
  • 講談社
3.69
  • (75)
  • (100)
  • (132)
  • (12)
  • (7)
本棚登録 : 938
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062143813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 〜している最中だと、言い換えれば、しっくりきますね。

  • 引き寄せの法則を、もっとロジカルな面に置き換え、自分の思考パターンを変えるように促してくれている本だと思います。
    字も大きいしすぐに読めちゃいます。
    引き寄せ方を段階的に学びたいならこの本はお勧めかも!

  • もっちーにおススメしてもらって、読んだ本。
    もっちー、ありがと

    『原因と結果の法則』が上流にいて、
    そのハウツーを具体的に書いた本と言うのが俺の位置づけ。

    言っていることは一緒☆
    結局、『思考は全て現実化する』ということだ!

    はじめはさらりと読んでいたけど、ハウツーあたりで自分が知らなったことがあったので、勉強になった。

    ◆本書のレバレッジ・ポイント

    願いを宣言する文章は、「私は○○の最中だ」にする。
    「それなら何が望みなの?」と自問する
    日記・日報も理想の人生に沿ったものにする

    ***

    わがままになること=自己管理して行動すること
    以下の4つのシーンでは、とことんわがままになること
    「仕事・夢」「お金・目標」「健康・生活」「恋愛・人間関係」

    前向きなアファメーションが、マイナスの波動を生むこともある

    「理想の」という言葉を使うのが大切

    <思い癖>は大抵、「だって」という言葉の後に出てくる→思い癖に気づくサイン

    毎日の生活の中で見つけた<引き寄せの兆し>を、ノートに書き留める

    ◎人生のどん底を経験した後に、成功する人がいます。
    どん底を知っているからこそ、強い決定が宣言され、そこから生じた波動が、
    本当の願望を引き寄せたのです。
    もっと頻繁に決めましょう

    「○○を決めた」と大声で宣言すること

    「それなら何が望みなの?」と自問すること
    望まないことから望むことへ認識を変えると、波動が変わり、
    波動が変わると結果が変わる


  • 非科学的な面についていけなさも感じましたが、読み終えた時には感動していました。また、許しのプロセスはとてもコンパクトにまとまっており参考になりました。

  • 抽象的すぎてよくわからなかった
    気の持ちようみたいな

  • 10年近く前も読んだと思うけれど再読。

    すごく分かりやすく実践的な引き寄せ書でした。
    「引き寄せの法則が願望を実現するスピードは、どれだけ〈受け入れるか〉に正比例する」
    私は特に〈疑う心〉が問題なんだなと改めて思いました。
    〈対極〉によって自分の望むものが明確になるのも使える手段ですね。

  • 「前向きに考えた方がいい」とか「ポジティブ思考」「プラス思考」といった言葉を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。
    しかし、どうしても悪い方に考えてしまう、怖気づいてしまうという人もまた多いはずである。
    本書はそのような人達をも対象に、では実際にどう「良い」ように考え、欲しいものやことを引き寄せるか、具体的な考え方の転換の仕方について書かれている。

    私はへそ曲がりなところがあるので、最初胡散臭いと思いながら読んでいたが(監修者まえがきを読んで、余計にその思いを強くした)、一章数ページくらいの読みやすい文章をパラパラと読み進めるうちに、「この思考の切り替え方は使えるな」と思うに至った。

    具体的には、
    ①「するな」「しない」「ない」という文章を使わずに「それなら何が望みなの?」と自問して、考えを肯定文にする。
    ②「自分が何を望んでいるか」がわからない時は、「自分が何を望んでいないか」という「対極のこと」を書き出す。その対極をひっくり返したことが自分の望んでいることである。
    A4用紙1枚の真ん中に線を引いたものをワークシートにして、イヤなことを左に書き、その反対の望んでいることを右に書き、望んでいることを書いたら左のイヤなことを消せばよい。
    恋愛について、お金について、仕事について等、それぞれでリストを作る。
    ③ただ、「望んでいること」をそのまま書いただけでは、「それは現実には違う。無理だ」と否定する気持ちが湧いてきてしまう。
    そのため、「私は○○の最中だ」「○○だとうれしい」「○○と決めた」「理想の」等という言い方に変える。これなら、現在の自分と不一致を起こさない。
    ④最後に自分の中の「疑う心」を取り除く必要がある。疑う心を取り除くには、自分についてではなく「一般論として、第三者になら当てはまるのではないか?」と考えればよい。
    例えば、「起業したいが、叶わない夢だ。だって、私は50代だから!」という考えが浮かんだら、「私の歳で事業を始めた人はいるだろうか?」→「いる」→「では、今日そうした人は何人いるだろうか?昨日は?先週は?」と考える。そして「今現在、50代で事業を始めて成功しつつあつ人は大勢いる。50代以上の成功した事業主はごまんといる」と考えればよい。
    ⑤自分の願望が叶っている(引き寄せている)と感じるために、ちょっとした「その夢に近づいている兆し」のみを日記に記すのも効果的。

    その他の具体的な考え方の方法については、本書を読んで貰えたらと思う。
    最初「波動」が云々と書いてあるスピリチュアル的な文章を読んだ時は、思わず読むのを止めかけてしまったが、この辺りは単なる味付けであって、その後に書かれてあることは結構マトモだった。
    特に、ワークシートは実際自分でもやってみるのがお勧めである。

  • この本が最初に出た頃買って読んだ。
    その時は特にピンと来なかったので売った。

    今、ふとこの本が読んでいるような気がして買い直し。
    読んでみるとスッと心に入ってきた。

    自分もまさにたくさんの素敵なこと・ものを引き寄せている最中!

  • 今までで一番解りやすい。

  • 引き寄せの法則についての本を初めて読もうと思って手に取ったが入門書的な内容で、とても簡単にわかりやすく書いてあるので概要がよくわかった。基本的には「信じるか信じないかはあなた次第」ということが根底にあると感じた。かといって悪い理論ではない。

    2015.10.24〜11.5

    図書館

全95件中 1 - 10件を表示

引き寄せの法則のその他の作品

引き寄せの法則 (講談社文庫) 文庫 引き寄せの法則 (講談社文庫) マイケル・J・ロオジエ

引き寄せの法則を本棚に登録しているひと

ツイートする