モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

制作 : 大前 研一 
  • 講談社
3.91
  • (327)
  • (468)
  • (281)
  • (55)
  • (12)
本棚登録 : 4351
レビュー : 477
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ロウソク問題の解決時間」や「献血者数」など、報酬を与えることがモチベーションを却って引き下げてしまう場合があるようです。

    今の自分は、あまり報酬には固執していません。特別、生活に余裕があるわけではないですが、生きていくためだけなら十分な給与を頂いています。こうしてブログを書く環境が整っている時点で、ある程度生活に余裕があるのでしょう。仕事へのモチベーションは、自己の能力向上に尽きます。

    あと、「「交換条件つきの報酬」は、報酬が与えられない限り、子供は、配膳やゴミ出しなどを進んでやらなくてもよい、という明確なメッセージを送ることになる」という指摘は目から鱗でした。「家事手伝いなどは労働に相当するから、ある程度の金銭の授受があってもよい」と思ったのですが、自主性を損なう可能性があるのですね。自分に子供ができたときに勉強を勧めるときなどでは、気をつけたいと思います。

    でも、どうやったら子供に勉強の楽しさ、つまり、学ぶことの楽しさを伝えられるのでしょうか。難しいところです。

  • 読みやすかった。自分は2.0で教育された人間だったんだなあとしみじみ。人には3.0で接する人間になれるようになりたいです

  • 7/10 K.C.さんオススメ!

  • 前半は、現在までのモチベーション研究のまとめであり、後半はタイプIについてのツールや、著名な経営者の金言、本書の要点などが述べられている。
    モチベーションについて、断片的に学習したことや、経験的に頭の中で分かっているがうまく説明できないことが整理されていると感じた。

    ・モチベーション1.0は生理的欲求、2.0は外発的動機付け、モチベーション3.0は内発的動機付け。
    ・モチベーション2.0は条件によっては効果を発揮する。それは単調で退屈な仕事を長い時間続けることであり、退屈であることを説明した上で報酬を与えることである。モチベーション3.0は自己満足感が動機になるが、創造的な仕事には特に効果を発揮する。
    ・自己満足感や他者への貢献のために自発的に取り組んでいることに対して報酬を与えることは、その人の目的を阻害し、動機付けを見失わさせることになりうる。
    ・タイプXは主な動機付けは外的報酬、タイプI(あい)は主な動機付けは自己満足感。
    ・モチベーション3.0には、「自律性」「マスタリー」「目的」が必要である。
    ・「自律性」は課題、時間、手法、チームについてである。
    ・「マスタリー」には積極的な関与(エンゲージメント)がまず必要であり、フロー(自分の能力と整合している場合の最適経験)で始まる。
    ・「目的」は利益の結果であると考えられ、自己の利益以外を強調する言葉において、自分の思い通りに目的を追求できる指針において、目的という動機が姿を表している。

  • モチベーションを維持する3つの要素「自律性、熟達、目的」についての詳細が書かれている本。
    結構難しめである。
    http://nagoemon.blog56.fc2.com/blog-entry-589.html

  • リブセンスのおすすめ

  • 291

  • 読了して普通の事だなという感想です。
    モチベーション3.0は[自律性][マスタリー][目的]の3つで構成されますが、会社の企業理念1つ取ってもこの点を踏まえたモチベーションは感じられると思います。
    社会における貢献、漸近線のような目標・・etc
    内容について新しさはないですがモチベーションを体系的にまとめている点は評価できますし、本来無意識であるモチベーションを意識する際に参考になりそうです。

  • ビジネスの現場でモチベーション(やる気/動機付け)を引き出して維持しようとした場合、多くの組織では「それを成し遂げたときの報酬」や、逆に「成し遂げられなかったときの罰則」といった手法を用いることと思います。この「アメとムチ」による動機付けは、ルーチンワークなどの単純作業には一定の効果がありましたが、思考や創造性を要する仕事にはかえって弊害をもたらすことが科学的に証明されています(モチベーション2・0/外的動機付け)。

    創造的な仕事において、やる気を維持して長期的に成果をあげるには、「世の中のために何かを成し遂げたい/意味のある人生を送りたい」という人間が本来備えている欲求を上手く引き出すアプローチが求められます。(モチベーション3・0/内発的動機付け)
    この「モチベーション3・0」は自律性、熟達、目的という3つの要素から成り立ちます。

    内容は非常にロジカルで文章も読みやすく、一度読めばすんなりと腹に落ちることと思います。
    また、最後の方に具体的なツールも紹介されているので、すぐにでも実践できます。

    なかなかチームの成果があがらない・人が育たないという悩みをお持ちのマネージャーや、日々の仕事や生活をもっと充実したものにしたい方に一読をお勧めします。

  • 〈モチベーション3・0〉…自分の内面から湧き出る「やる気!=ドライブ!」に基づくOS。活気ある社会や組織をつくるための新しいやる気の基本形。変革が求められ、誰もがCreativeな発想で仕事をすることが余儀なくされている昨今において、モチベーション3.0は必要な考え方と思います。担当からマネージャー層まで様々な階層の方に読んでいただきたい1冊です。

全477件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

Daniel H. Pink
1964年生まれ。米国ノースウエスタン大学卒業後、イェール大学ロースクールで法学博士号取得。米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターなどを務める。フリーエージェント宣言後、経済変革やビジネス戦略についての講義を行うかたわら、「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿。著書に、『ハイ・コンセプト』(三笠書房)、『モチベーション3.0』『人を動かす、新たな3原則』(ともに講談社)など。

「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかのその他の作品

ダニエル・ピンクの作品

ツイートする