モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

制作 : 大前 研一 
  • 講談社
3.92
  • (328)
  • (468)
  • (279)
  • (55)
  • (12)
本棚登録 : 4345
レビュー : 477
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・最近のX.0の源流?
    ・行動科学の研究者は仕事をアルゴリズムとヒューリスティックに分類する
    ・3.0の要素は自律性、熟達、目的

  • ・人間を動かすOSであるモチベーションは、生存のための1.0から経済活動のための2.0、そして、これからは自己実現のための3.0へ。

    ・活動時のモチベーションとして使われてきた、いわゆる「アメとムチ」の報酬型行動原理に内包されていた「バグ」が、今の時代では頻出するようになっており、この時代には、もっと自分の「内発的」な欲求こそが、自らをより良く、しかも効率よくドライブさせるというのが本書の主眼。なお、「好きでやってるか報酬は要らない」というほど非現実的な理想主義ではないところが、3.0が2.0の次に位置されている所以。

    ・だが、不本意な状況や明らかなオーバーキャパの時に自分の心に生じる、心底「イヤだ」という気持ちと向かい合って突き詰めていけば、実は本書で書かれているような視野は誰でも獲得できるのではないかというのが正直な感想。また、「持続する『やる気!』をいかに引き出すか」というサブタイトルであるにも関わらず、その辺りのメカニズムなり方法論への言及があまりしっかりしておらず、自分的にはあまり得るものがなかった。ただし、これは原書にはない文言なので、出版社の煽りだと考えないと、著者のD.ピンクにはアンフェア。

    ・ブライアン・イーノの「OBLIQUE STRATEGIES」なんかが紹介されてるあたり、微妙なギーク感がウケてる理由なのか。妙に大前研一推しのD.ピンクだが、読んでるタイミングが遅いからなのか、相変わらずピンと来ない。

  • うーん、、共感できないし、学ぶことはなかった

  • 久しぶりに読んだビジネス書。
    基礎の基礎の内容について、裏付けが豊富。
    個人的にはTEDスピーチ見ればそれでいいかな、という印象。
    この本の項目を共通言語として社内で話し合う分には便利に活用できるので、社内に置いておくと良いかも。ただ、もっといい本がたくさんある気がする、と思う。

    個人的に新しいことを学べるかもしれないという期待があったが、内容が古めなのでそれはありませんでした。また、大前研一さんの文章が個人的には苦手で読みにくかったです。

  • 恵まれた環境にいる私たちが、最早外部から貰えるアメごときでは心が動かないのはわかったけど、んじゃ、明日からやる気ある日々を過ごすために目新しいワークがここに書いてあるかと言えばそんなこともなかった。

  • 無駄に長くて飽きる

  • モチベーション1.0から2.0を経てモチベーション3.0の時代になっているという「OS」の移り変わりの話から、3.0がいかに人間に本質的に備わった欲求に合致しているかが具体例と共にひたすら語られる。
    主旨としては説得力があるし、これから3.0がますます重要になるとも思うけど、もっと簡潔にまとめられなかったのかな。
    冗長すぎて、星2つ。

  • 人は外的な報酬よりも内発的な動機に突き動かされたとき、高いパフォーマンスを発揮する。この研究成果を組織論として活かすための一冊。よっぽどセンスのないマネージャーは読んだ方が良いかもしれない、くらいの内容だった。

  • いつのまにか読んでた。
    インストール済だっけな・・・

  • アメとムチの欠陥
    ・創造性をむしばむ
    ・短絡的思考を助長
    ・ごまかし近道
    ・好ましい言動への意欲を失わせる

    楽しいからという内発的動機付け

    有能感、自律性、関係性
    選択して行動する
    好奇心に満ちて自発的
    ×反応 ◯生じさせる

    自律、熟達、目的
    目的+良好な人間関係

    昨日より今日は進歩しただろうか
    率直に評価すること

著者プロフィール

Daniel H. Pink
1964年生まれ。米国ノースウエスタン大学卒業後、イェール大学ロースクールで法学博士号取得。米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターなどを務める。フリーエージェント宣言後、経済変革やビジネス戦略についての講義を行うかたわら、「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿。著書に、『ハイ・コンセプト』(三笠書房)、『モチベーション3.0』『人を動かす、新たな3原則』(ともに講談社)など。

「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかのその他の作品

ダニエル・ピンクの作品

ツイートする