モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

制作 : 大前 研一 
  • 講談社
3.92
  • (328)
  • (468)
  • (279)
  • (55)
  • (12)
本棚登録 : 4345
レビュー : 477
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 組織にも、自分にも役に立つ「やる気」というモチベーションについて書かれています。動機付けの方法として機能してきたOS、生理的欲求や、前時代のアメとムチ(2.0)が、現代の人々の考えに合わなくなってしまっている。そのためOSを書き換える必要があり、その(3.0)の内容を書かれています。
    人を管理する「マネジメント」の考えから脱却して、自律的に仕事をさせるには、また自分がそうするためには、どうすれば良いのか。
    今の自分の働き方は、このままで良いのか、どこが良くて悪いのか。整理しながら読みました。

  • 科学の知識とビジネスの現場にはギャップがある。
    ビジネスにおける現在の基本ソフト(OS)は、外部から与えられるアメとムチ式の動機づけを中心に構築されている。これはうまくいかないし、有害な場合も多い。アップグレードが必要なんだ。
    科学者たちの研究成果がその方法を示している。この新しいアプローチには3つの重要な要素がある。
    <自律性>―自分の人生を、自ら導きたいという欲求、のこと。
    <マスタリー(熟達)>―自分にとって意味のあることを、上達させたいという衝動、のこと。
    <目的>―自分よりも大きいこと、自分の利益を越えたことのために活動したい、という切なる思いのこと。

  • 1.0 生存のための行動、生理的欲求
    2.0 アメと鞭 外的動機付け、単純作業で短期的には効果がある
    3.0 内発的動機 クリエイティブなヒューマニックな作業

    2.0
    「仕事とはしなくてはいけないからすることで、
     遊びとはしなくていいのにすることである。」

    交換条件つきの報酬は自律性を失わせる

    アメとムチの致命的な7つの欠陥
    1.内発的動機づけが失わせる。
    2.かえって成果が上がらなくなる。
    3.創造性を蝕む
    4.好ましい言動への意欲を失わせる。
    5.ごまかしや地価身を、倫理に反する行為を助長する。
    6.依存性がある。
    7.短絡的思考を助長する。

    マネジメントはがたが来ているテクノロジーだ
    中心となる管理体系は依然としてコントロールである。
    主な手段は、あいかわらず外発的動機づけだ。
    →「指針を与えなければ、人間はどこに行ってしまうかわからない」
     →これが本当に人間の本質だろうか?

    権限委譲はモチベーション2.1に過ぎない
    フレックスタイム、ドレスアップも
    柔軟性を持たせる→柵を広げ、時おり門開けているに過ぎない。
    コントロールする姿勢には大差ない

  •  金銭などの報酬でモチベーションを高めるやり方は時代遅れの「モチベーション2.0」であり、自己実現などの内発的動機でモチベーションを高める「モチベーション3.0」の時代がやってきたとする本。自分の考えていることに近い部分があり、読んでいてテンションが上がった。第3部以降はいらねえだろうと思うけど、それまでは間違いなく面白かった。

  • 自分のモチベーションを保つことはもちろん、
    自分の周りの人のモチベーションを上げることができる!
    そして、そのモチベーションを持続可能なものにする方法が分かる!

  • モチベーション1.0 生存欲求
    モチベーション2.0 アメとムチ
    モチベーション3.0 内在的動機によるやる気
    タイプIとタイプX 前者は、内部からの欲求によってエネルギーとしている。後者は、外的な報酬など外部からの欲求によってエネルギーを得ている。

    モチベーション3.0には、オートノミー、マスタリー、目的の3つの要素が大事
    オートノミーの実現するには、4つのTが大事。
    T ask, T ime, T echnique. Team

  • 本書のよれば、外的な報酬と罰(アメとムチ)によって動機づける従来型の管理手法を〈モチベーション2.0〉と呼び、この管理手法はルーティーン・ワークでは有効だが、クリエイティブで右脳的、ヒューリスティックな仕事には役立たないどころかマイナスである、と説いている。

    そして、自由に好きなように仕事を出来るようにして、自律的・主体的な行動を促すこと(自律性)、向上欲求を満たせるような適度に困難な課題にチャレンジし続け、そこから快感や満足を得られるようにすること(マスタリー(熟達))、自己の利益を超えた人生ないし企業活動の大きな意義・目的を動機づけとして重要視すること(目的)、この三つのモチベーション要素に基づいて組織を運営・強化する〈モチベーション3.0〉手法こそ、21世紀社会に求められている、と力説している。

    アメとムチの弊害やモチベーション3.0の効果は、実証実験によって科学的に確認されている、確固たる事実だと言うことも。

    人間、どうしても安きに流れる面があるから、〈モチベーション3.0〉だと、何割かの者は手を抜いてサボるようになるかもしれない。それを差し引いても、全体として(また、長い目で見て)極めて有効な組織運営方法なんだろうなあ。是非仕事に取り入れて見たいなあ。

    なお本書は、もっぱら外的な報酬をモチベーションとして行動する者(そのような者は、自意識が高く自己防衛的で、金銭や名誉や美に対する欲求が強い傾向を示す)者をタイプXと呼び、その代表的な有名人の一人として、「大富豪のドナルド・トランプ」を挙げている。これも納得。

    とても参考になりました。

  • 21世紀に仕事する者のモチベーションの構造について。
    ハイコンセプトのダイニエルピンク著。

    自己啓発(成功哲学、NLPなど)やコーチング(子育て論含む)、心理学、行動経済学を
    「これからの組織論」の領域まで一歩進めた感があった。

  • アメとムチは前世紀の遺物。モチベーション3.0によると21世紀の職場では「自律性」「マスタリー(熟達)」「目的」へとアップグレードが必要。

    個人、組織に役立つツールあり。タイプIになるためには日々の努力、反復練習が必要。自分自身のモチベーションを考え直すよい機会になる本です。

  • モチベーションについて学ぶことができた。外発的動機づけに頼らず、内発的動機づけを意識するようにしていきたい。

著者プロフィール

Daniel H. Pink
1964年生まれ。米国ノースウエスタン大学卒業後、イェール大学ロースクールで法学博士号取得。米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターなどを務める。フリーエージェント宣言後、経済変革やビジネス戦略についての講義を行うかたわら、「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿。著書に、『ハイ・コンセプト』(三笠書房)、『モチベーション3.0』『人を動かす、新たな3原則』(ともに講談社)など。

「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかのその他の作品

ダニエル・ピンクの作品

ツイートする