妖怪変化 京極堂トリビュート

  • 講談社
3.05
  • (15)
  • (24)
  • (112)
  • (25)
  • (10)
本棚登録 : 422
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一番ボリュームのある「魍魎の匣 変化抄」これって誰得?「朦朧記録」は榎木津の死に際の話。トリビュートで公式の話ではないけど、一応現在も続いてるシリーズの出演者を悲惨な終わり方にする意味って?

  • 京極堂へのオマージュを込め、人気作家が勢ぞろいした贅沢なアンソロジー。でも、以前読んだ本だった...。ううっ、生きてるうちに京極堂の新刊が読みたいなぁ(T^T)
    それはさておき、諸星大二郎さんは長野県の出身だったんですね♪

  • 妖怪や京極堂をモチーフにした作品集。好みのものとそうでもないのとがあって、全作品が楽しめるわけじゃなかった。

  • 装丁といい、表紙といい、期待した。あさのあつこさん、あなたに京極堂を書くのは無理だと思った。西尾維新は、西尾らしくってよかった。柳家喬太郎、面白かったな。巻末の2本の漫画はどちらもよかった。全体的にもっとなんだろう、妖怪味が濃かったらよかったな。 トリビュート、意味調べてようやくわかった、今回の趣旨。西尾維新が読めたからよしとするか。

  • ごめんなさい。
    柳家喬太郎師匠の名前で検索したらヒットしたので京極堂シリーズを知らないまま読みました。京極夏彦の本には興味があったものの、その存在感に気圧されて(笑)手に取れずにいました。なので軽めにトリビュートから見てみようかなと。でもやっぱり、京極堂シリーズを好きな人が読まないと意味ないかな。
    不思議な雰囲気は伝わってきました。

  • 京極堂のトリビュートです。

    純クレの松苗あけみさんが、榎木津を描いていおり、もーニヤニヤしてしまいました。映画【魍魎の匣】の原田監督の苦労話?も納得。私が好きなのはこちらの2本。

    結構なビッグネームの方々が書いているのですが、有名作家さんだからこそ、こういうのは難しいのかもしれないなーと思いました。素人さんの同人誌の方が何十倍も面白いと思います…。(読んだ事ないけど)

    私の中では、京極堂=野村萬斎、榎木津=谷原章介、関口=西島秀俊 鳥口=大泉洋 久保=伊勢谷友介 なイケメンパラダイス状態なので(今、自分で書いてて引いたわ…)京極堂に関して冷静な判断は全く出来ませんので悪しからず。※映画の堤さんは全くイメージではなかったのですが、案外良くてビックリしました。

  • 京極夏彦のエッセンスを他の作家が使うと
    その作家の力量がよく分かりますね。

    ただ単に京極風にトライしただけの作品になるか、
    違う角度から見るパラレルワールドな京極堂になるか。

    その点では
    『朦朧記録』牧野修氏
    『粗忽の死神』柳家喬太郎氏
    この二作が秀逸だったと思います。

    『朦朧記録』は原作ファンなら「そんなことしないでー!」って
    言うぐらい登場人物を崩壊させています。ギリギリアウトですよコレ。
    ここまでやってくれるとむしろ清々しいです。あぁ関君…

    『粗忽の死神』の柳家喬太郎氏は噺家なので、
    自身の落語畑に京極堂を植えた感じ。
    テンポ良しオチ良し。これは原作者も喜びそうだなぁ。

    他の作品は…まぁ前者だった、ってことで。残念。
    これが畑違いの人達を多く集めたトリビュート本になっていれば、
    もっと面白くなったと思います。

  • やっぱり京極堂は本家が良い!映画の出来ていく家庭は中々面白かったけど。

  • あさのあつこ他10名で、京極同堂に関する題材で描いた短編集。


    トリビュートてなんだろう?アンソロジーみたいなものかしら?と思って調べてみました。「称賛・賛辞・感謝」などの意味があるようで。京極堂シリーズ(と言っていいのかしら?)を讃え書かれたお話ってことでいいのかな?

    それぞれ、不思議あり、実録風あり、漫画ありと多様なラインナップでしたが、途中ではたっと気付きました。私、肝心の京極堂読んだことないじゃん・・
    道理でいまいち意味不明だった訳だ。京極堂の世界観を知らずに読んでるんだから・・失敗です。

    今度、京極堂から勉強しなおしてきます。

  • 当然と言えば当然なんですけど、
    京極堂シリーズのような読み応えとかはないです。
    その中の1編西尾維新さんの「そっくり」は
    面白かったし京極堂シリーズの雰囲気がけっこう出ていて好きかも。

    他のに関しては、
    「あー、この人は京極堂がこういう風に好きなんだ〜。わかるわかる。」
    てな感じで、同じ京極堂ファンが集まってネタを持ち寄っておしゃべり、
    みたいな感じです。

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

ツイートする