幕末不戦派軍記

著者 : 野口武彦
  • 講談社 (2008年3月1日発売)
3.19
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • 31人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062145084

幕末不戦派軍記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長州征伐、彰義隊、日光、奥羽朝廷、五稜郭まで、ちゃらんぽらんなのに戦いに巻き込まれていく4人組。
    一応小説仕立てなのだけど、小説としての出来は良くないな。
    内容も口調も「幕末バトルロワイヤル」で、ほとんど区別がつかない。

    もっとも、彼に小説を書かせるというのが無茶なのであって、野口武彦原作・原案で、これをシナリオにしてマンガにしたらえらいこと面白いのではないかと思うな。

  •  史実を交えたフィクション。泰平の江戸末期をのほほんと過ごしてきた、幕府の武具奉行4人組が幕末の争いの中に巻き込まれていく様を、史実を織りまぜながら描くフィクション。
     どこまでがフィクションなのか微妙だが、なんとも不甲斐ない彼らの世渡りがユルくて、暑くて外にも出られない夏の読書にはちょうど良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

野口武彦の作品

幕末不戦派軍記はこんな本です

ツイートする