変愛小説集

制作 : 岸本 佐知子  岸本 佐知子 
  • 講談社
3.76
  • (45)
  • (59)
  • (77)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 540
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062145442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一冊目の方が面白かったとは思うが、十分満足。
    それにしてもこんなに才気あふれるダン・ローズの作品が今手に入らないとはどういうことか。ぜひ復刊してほしい。
    アリソン・ベイカーの西部劇パロディもばかばかしいようで以外に奥が深い。ソーンダースの「シュワルツさんのために」は傑作。ほろりとした。
    ソーンダースも翻訳作品はぜんぶ読んでしまったので、早く他の作品が翻訳されないかなあと思う。
    こういう先物買い的な楽しさがいい。
    もちろん岸本訳は言うことなし。

  • 世にも奇妙な愛の物語集。
    レイ・ヴクサヴィッチ「僕らが天王星に着くころ」
    スコット・スナイダー「ブルー・ヨーデル」
    が特にお気に入り。

  • ★3.5

    「リアル・ドール」がかなり気持ち悪かった…。

    意味の分からない話から、表現の綺麗な話まで、色々ごちゃ混ぜ。

    木が人に、てのは梨木さんの本にあったけど、こちらのは木に人が。


    お気に入りは「五月」「ブルー・ヨーデル」「母たちの島」

  • 奇妙で時にはグロテスクな愛ばかりを集めた短編集。訳者が後書きで言っているように、純粋な感情がそこには詰まっている。個人的には先に読んだ「変愛小説集2」の方が好み。

  • 翻訳家岸本佐知子が海外の恋愛小説ではなく、変な愛をテーマにした短編小説をセレクトした作品集。この作品集を読んで、初めて海外小説を面白いと感じた。しかも、こんなにも発想豊かな小説があったんだという感動すらあり。いつも感じる、海外翻訳小説への不満というものがなかった。それどころか、日本の小説にはない凄味のようなものを感じる作品もちらほら。最後の「母たちの島」が、スケールといいテーマといいよかった。もともと岸本佐知子の文章は好きだが、数少ないほんものの翻訳家だと思う。セレクトする作家も素晴らしかった。

  • 久びさに。
    変すぎて、純度のたかい愛情。
    グロいのやエグいのも。さらりとよませる。
    ちょっとずつちょっとずつ自分もずれていきそう。一話目からつかまれた。

  • 2012/03/11/Sun.購入。
    2012/06/11/Mon.〜10/10/Wed.

    飛び飛びで読んでて、しかも途中でジョジョ文庫版に浮気してたから、読了までに時間かかっちゃった(笑

    収録作品の中で特に気に入ったのは、
    ●アリ・スミス「五月」
    ●レイ・ヴクサヴィッチ「僕らが天王星に着くころ」
    ●スコット・スナイダー「ブルー・ヨーデル」
    ●ジュディ・バドニッツ「母たちの島」

    全作品、設定は変態度高くてブッ飛んでるけど、後味悪い話はないよね。

  • すこしく過剰で異様な恋慕と執着の短篇集。
    常識のレンジから外れてしまっているだけ振り幅が大きいために、響くもの、ばかばかしいものと落差が激しくて、平均とって★3つ。
    病に侵された妻を安楽死させる夫と女友達の夜を描くジェームズ・ソルター『最後の夜』がよかった。

  • 他人から見ると変、でも当人にとっては大切なものはいろいろありますが、「愛」もやはりそうだよなあと実感しました。変であればあるほど純度が増すような気がするのはなぜなのでしょう。
    ジャックとモリーは天王星で会えたのかなあと気になります。
    表紙の絵も変、で不思議です。おもしろかったです。

  • 『僕らが天王星に着くころ』と『獣』が好きです

全75件中 21 - 30件を表示

変愛小説集のその他の作品

ツイートする