日月めぐる

著者 : 諸田玲子
  • 講談社 (2008年2月28日発売)
3.29
  • (0)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 31人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062146135

日月めぐるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 駿河の小藩を舞台にした連作。少しずつ繋がって、男女の「その後」の様子がさりげなく書かれていたりするのが、読者としては嬉しいところ。

    必ず登場するのが興津川の「渦」。急流が岩に阻まれて摩訶不思議な色の渦を巻く。人はその渦に己を重ね、それぞれの思いに至る。

    貧しいながら、和紙の生産でそれなりの活気をもっていた藩が、明治維新の混乱で荒廃するのが哀しい。

  • 2005年11月から2007年11月まで「小説現代」に掲載された7話の単行本化。

    幕末の1万石の小島藩(静岡県小島町)とその後の徳川家の移封を舞台として、半世紀に亘ってそこに生きた7組の人々の生き様や思いをオムニバス形式で描いている。

    かつての同僚の不審死の真相を糾そうとする隠居間際の老武士、十年待ち続けた相手が突然現れて動揺する女、男前で女を騙し続けて来たが乗り込んだ家で居場所を見つけた男、言い交わした相手が隠密働きのために結婚できなかったという真相を知った人妻、父を捨てて出奔した母の相手を斬るために来たが紙漉きに勤しむ母から真相を語られる若者、憧れる鉄砲師範の噂話に動揺して師範を死に至らせた百姓の倅、維新で江戸を追われ静岡に入植する旗本の娘。
    彼らは狭い小島藩領で、少しずつ繋がり、
    時代を超えて、岩場の大きな渦という、人々が何事かを感じざるを得ないような自然の姿が、各話に登場し、物語を繋いでいく。

  • h21.06.28

  • 09/01/18 小島藩を軸とする連作短編集。
         海坂藩には負けるなあ。

  • 江戸末期の駿河の小藩を舞台にした7つの短編集。
    時代設定は江戸末期から幕末そして明治の動乱期と少しずつ動いている。
    だけど、登場人物の心模様などは現代に生きる私たちと変わらず、
    切ない部分・哀しい部分がさらりと描かれている。
    ただ、これまでの作品に比べると、短編ということもあってか、
    今ひとつ読み応え感は乏しかったようにも思いました。
    これまでの作品との相対評価で☆3つ。

全5件中 1 - 5件を表示

日月めぐるのその他の作品

諸田玲子の作品

日月めぐるはこんな本です

ツイートする