葡萄酒か、さもなくば銃弾を

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (4)
  • (9)
  • (16)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 98
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062146746

作品紹介・あらすじ

「日本初のインテリジェンス作家」が放つ、渾身の人物ルポルタージュ。甘美なる晩餐、その背後に蠢く鮮血の代償。ケネディ、レーガン、そしてオバマ…「政治のなかの死」を予感しながらもなお権力の聖杯に手をのばす29人の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2015年10月29日読了

  • [ 内容 ]
    「日本初のインテリジェンス作家」が放つ、渾身の人物ルポルタージュ。
    甘美なる晩餐、その背後に蠢く鮮血の代償。
    ケネディ、レーガン、そしてオバマ…「政治のなかの死」を予感しながらもなお権力の聖杯に手をのばす29人の物語。

    [ 目次 ]
    プロローグ 二人の晩餐
    1 遥かなりホワイトハウス
    2 政治のなかの生と死
    3 姿なき交渉者たち
    4 外交という戦場
    5 日米同盟の光と影
    6 超大国に抗いし者
    エピローグ 月下美人―若泉敬

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 洒落たタイトル(英語)と装丁、中身は軽い政治エッセイ。著者にサインまでしてもらったけど。。。
    最近の手嶋さんは、ちょっと情報と仕事の質が落ちたかなあ。

  • 2012/09/20
    自宅

  • 本の発売記念イベントで、おもいっきり曲げて描いた麻生さんご本人にお会いすることになってしまい身が縮みました。「こんなに曲がってないだろ?」とはご本人の弁。

  • “2008/11/18 政治エッセイ
     インテリジェンスとか言い過ぎ”

  • 新聞やニュースで目にする著名な政治家さんたちのエピソードを少ないページながら確実に人物像を捉えて書いた一冊。






    サイン本を本人から直接頂いたのは秘密。

  • 近代の国際政治家達のエピソード集。中々面白かった。29人もの政治家の話をわずか三百ページ程でまとめているので、少々物足りなかったかも。一人の人物・一つのテーマを掘り下げた著者の他の作品も読んでみたい。後、装丁が素晴らしい。それだけで購入して良かったと思ってしまう程。

  • 「外交」を動かす国際政治の大物たち。
    彼らの「人物像」を読みやすくそれでいて知的な文章で見事に描き出す秀作。

  • よく「世界は危ういバランスの上に辛うじて成り立っている」と言わますが、それを再認識させられます。
    そんな危ういバランスを保つために苦悩し、選択し、そして実行してきた29人の政治家・外交官を描いたエッセイです。
    成功の葡萄酒に酔いしれるか、それとも失敗し、様々な弾丸にさらされるか……。

    インテリが過ぎて文章が華麗過ぎではありますが、興味深く読ませていただきました。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

手嶋龍一 Teshima Ryuichi 

外交ジャーナリスト・作家。9・11テロにNHKワシントン支局長として遭遇。ハーバード大学国際問題研究所フェローを経て2005年にNHKより独立し、インテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』を発表しベストセラーに。『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』のほか、佐藤優氏との共著『インテリジェンスの最強テキスト』など著書多数。

「2020年 『公安調査庁』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手嶋龍一の作品

葡萄酒か、さもなくば銃弾をを本棚に登録しているひと

ツイートする
×