吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)

著者 : 吉村和敏
  • 講談社 (2008年6月6日発売)
4.37
  • (27)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062147224

吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真集。プリンス・エドワード島の四季や、生活が伝わってくる。心洗われる。
    2014/6/5

  • 風景写真家 吉村和敏氏の写真集。
    赤毛のアンの舞台になったプリンスエドワード島の風景を素晴らしい感性で捉えています。

    まずは色。
    晴天の空の青、夕陽の紫、赤、と目紛しく変わる色を嫌みのない鮮やかな色で表現している。
    また草木の緑、雪の白、木造建築物のブラウンなど、被写体の持つ色を最大限引き出している。

    そして光。
    春の麗らかさ、夏の力強さ、秋の穏やさ、冬の静けさが伝わってくる。
    また1日の中でも朝夕の光の変遷を余す所なく捉えていて、飽きることがないです。

    サイズは小さくプレゼント用にもいい。
    写真集の中でも、これは間違いない一冊だと思います。

  • 見つけて即買いした本です。
    とっても壮大で癒される景色。
    日没の景色、真っ青な海と空、赤土の道、
    イロトリドリの木々、雪景色。
    動物、植物、人からも、まるでそこにあるかのような
    エネルギーを存分に感じます。
    お家もカワイイ。住みたい。
    いつか行けたらと思う土地の1つ。

  • 一番好きな写真集。ふとした時に眺めるとすごく癒されます。

  • 昨年一緒にPEIを訪れた母が買っていた本。
    村岡花子さんの翻訳本を出版当時にリアルタイムで読んでいて、長年島に憧れていた母。母の影響で赤毛のアンを読み、私自身も子供の頃から憧れていたPEIは、実際に訪れてみると思っていたよりも更に美しい島で、木々や植物や空や海に囲まれ、風を感じて、大げさかもしれないけれど、魂までのびのび解放されていくように思えた。島で過ごした時間は、まさに夢のようだった。
    そんな美しい島の風景を切り取った写真集で、あの爽やかな空気を感じることができたし、心があの時間に戻っていくのを感じることができた。日常のストレスに対して、支えになるような一冊だと思う。

  • 綺麗な写真の中に、物語が隠れているみたいで…疲れたときでも、頁を開くと癒されます。

  • 美しい・・・。
    行ってみたい・・・。

  • 心が救われる写真集。

  • プリンスエドワード島で一番好きな写真集。

  • これは欲しい。
    大判だったら、もっとよかったのに。

    • reader93さん
      わ〜!とても綺麗な風景!!赤毛のアンはこの島で書かれたのかしら?
      2011/04/02
    • christyさん
      >reader93さん、そうなんです!
      プリンス・エドワードは赤毛のアンの故郷なんですって。この写真集を見るまで全く知りませんでした。私はムール貝の産地としてしか認識してなかったので。。。
      本当に綺麗な島で、おとぎ話に出てくるような島です。見ていて、ため息をついちゃうほどですよ。
      2011/04/02
全13件中 1 - 10件を表示

吉村和敏の作品

吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)はこんな本です

ツイートする