ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスン

制作 : ロブ・テン・パ(マンガ)  岩木貴子 
  • 講談社
3.55
  • (6)
  • (11)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062149211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生きるために、生活のために選択を選ぶよりも、やりたいことのために選択を選べ、ということを言っていて新しいなと思った。具体的には、手に職をつけるから、という目的で会計士になったブンコに、妖精が、絵を描くのとかが好きだったら、そういうのを生かしていったらいいんだよ、とかっていうって話。

    まぁ世の中はそう簡単なもんでもないなとも思う。
    手に職をつけて行って、それを実際にやっていくうちに、その中で楽しみとかやりがいとか、そういうのを見つけていく人もいっぱいいる。
    自分がやりたいことばっかりをしていって、それが本当にお金になるのか?それでちゃんと食べていけるのか?そういう問題は常に付きまとうから、簡単に「考えなくていいよ!」というのは、どこまで本気で言ってるのか、その程度が気になりもする。

    しかし、それを考えたとしても、やっぱり、制限のある現実社会の中で、一生懸命に自分のしたいことと源氏に向き合っていくのが、一番充実してるんじゃないかなぁって、そんなことを最近思ったり。

  • 「ハイコンセプト」「モチベーション3.0」のダニエル・ピンク氏が送る自己啓発書。1000円と手頃で読みやすいわりに、内容は本質的で、簡潔に6点にまとめられている。
    ちなみに、中身はアメリカテイストな漫画となっている。アメリカの大ヒット自己啓発本をアメリカで漫画にして出版する、という形が斬新。実は入門編としての漫画の潜在需要の大きさを示してるんじゃないかと思える。

  • 寝る前に読み返したら次第に洗脳出来そう

  • ゼミOBの方に頂いた一冊。
    プランなんかない。得意なことに注目する。自分のことは問題じゃない。根気は才能にまさる。素晴らしいへまをしろ。足跡を残せ。
    度々、読み返し、自分の仕事振りを見返した一冊である。

  • キャリアを描く際の現実がここに。ただ、具体的にどうすればよいかがポイント。その辺りの具体作を書籍にしていきたい。

著者プロフィール

Daniel H. Pink
1964年生まれ。米国ノースウエスタン大学卒業後、イェール大学ロースクールで法学博士号取得。米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターなどを務める。フリーエージェント宣言後、経済変革やビジネス戦略についての講義を行うかたわら、「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿。著書に、『ハイ・コンセプト』(三笠書房)、『モチベーション3.0』『人を動かす、新たな3原則』(ともに講談社)など。

「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスンのその他の作品

ダニエル・ピンクの作品

ツイートする