アイスクリン強し

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (101)
  • (266)
  • (461)
  • (88)
  • (23)
本棚登録 : 2007
レビュー : 375
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062150064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 70:「しゃばけ」シリーズはちょっと合わなかったのですが、ダ・ヴィンチとかでも評判が良かったので借りてみました。歴史+ほんのりミステリ+キャラもの、という基本路線は「しゃばけ」と同じで、もうちょっと濃い味付けで! と思ったのも「しゃばけ」と同じでした。ミナも長瀬も沙羅もおいしいキャラクタなのに、何だかもったいないなあ……。園山さんとか絶対外れないと思うんだけど。個人的にはもどかしく思うのですが、美味しそうなおやつ描写にはぐいぐい引き込まれた食いしん坊は私です。

  • 西洋菓子店を営むミナと若様組が問題解決。シュークリームやケーキがたくさんでてきて、甘い香りがする。読みやすかった。
    最初に出てきた手紙が最後までまったく放置で、最後にささっと解決。あんまり要らないような気もするけど、続編への伏線かなあ。その謎を各話で少しずつ解いていくのかと思ってたから、待ち遠しく感じた。

  • "明治23年 菓子屋と成金の娘、それと巡査
    時代背景やお菓子関連なのがツボ
    恋の行方も気になる終わり方

  • 江戸から明治へと変わった頃の東京のお話。主人公はもと旗本の家柄だったが、現在は今で言う洋菓子職人になっている。主人公の友人も旗本の跡取り息子たちだったが、廃藩置県により碌を貰えなくなり、家臣たちの食い扶持を稼ぐために警察官になった。そんな彼らが、ひょんな事で巻き込まれた色々な事件を描く連作短編集。維新後の話なので、やたら漢字が多い(笑)。取っ掛かりが苦労したけれど、やはりこの作者特有の「読めば場面が絵になって浮かぶ」は健在。ところどころにあるアクションシーンは、思わず手に汗握ります。ですが、最初は作者さんがこの世界になじむのに戸惑いがあったのかなあ?後の方になるほど、キャラが良く動いてた。もったいない。最初からこうだったらよかったのにー。洋菓子を作るシーンがいっぱい出てきますが、何しろ漢字ばかりなので、「見てるだけで腹が減る」とはなりません。バターが「牛酪」だしね。空腹時に読んでも安心です(^^♪

  • 友達にお勧めして貰った本。
    江戸から明治に変わり20年経った世の中。
    移り変わりの生活が読めて相変わらず楽しい。
    短編5話。

    「チヨコレイト甘し」
    真太郎と沙羅が乗った電車を、追っ手に追われ逃げる小弥太が追いかける。沙羅に焚きつけられ助けたものの、巡査の長瀬に匿うよう言われてしまい…
    どうしても、一人が割をくう状況というのが苦手で、幼馴染の沙羅・長瀬2人とも主人公の事を「寂しがり屋でお人好し」と表現するのもモヤモヤしてしまう。
    小弥太も自分のせいで迷惑かけているのに、勝手に材料つかったりと奔放で好きになれない…

    「シユウクリーム危うし」
    人探しのため貧民窟へとやってきた長瀬と、それに付き合う真太郎。その地の親分の手を借りるため、シュークリームを褒美とする。
    すぐに探し人は見つかったが、泥棒が入るという話を聞き…

    「アイスクリン強し」
    新聞にないことないこと書かれた真太郎と、若様組について書かれた長瀬が新聞社に乗り込む。
    匿名の手紙から記事を作ったと聞き、その手紙について調べることに。

    「ゼリケーキ儚し」
    警視庁に睨まれ若さま組の面々は流行り病コレラの発生地へと駆り出される。長瀬はそんな友を救うため、任せられた人探しを行う。
    真太郎は新聞記者を頼り、コレラに効くものはないかと尋ねる。その頃、沙羅は父親に進められた見合いに嫌々参加して…

    「ワッフル熱し」
    序盤で出てきた謎の手紙について、若さま組の面々が動き出す。しかし真太郎は、手紙などそっちのけで沙羅の誕生日プレゼントに頭を悩ませる。
    その頃、一人にすると危ない~が何やら騒ぎ立てる壮士と連れだっているのを見かけ、慌てて後を追う…

  • 【あらすじ】
    お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。キュートな文明開化(スイーツ)物語。

    【感想】

  • 配置場所:1F電動書架C
    請求記号:913.6||H 41
    資料ID:W0153060

    明治のスイーツ小説「事件の鍵は西洋菓子にあり!」(スタッフ)

  • スイーツ文明開化は酸いも甘いも運んでくる。
    西洋菓子屋を起こした皆川真次郎が、愉快な仲間・元幕臣「若様組」の警官達と日々起こる数々の騒動に大奮闘。
    スイーツに拠せて描く文明開化・明治の青春。

  • 若様組シリーズ1作目。以前、知らずに他のシリーズを先に読んでしまったので、こちらも読んでみました。なるほど、最初から読んでみるとストンと登場人物も入ってくるし話も面白かった。

  • 面白かったけれど、歴史が嫌いな私はなかなか内容が頭に入ってきませんでした…笑 昔(といっても明治時代ですが)だから、アイスクリンが初めてできてそれを巡る小説かな〜とか思っていたら、結構現代的な西洋菓子が登場して驚いた。キャラクターもいい感じだったし、一作で終わってしまうにはもったいないと思った。

全375件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

アイスクリン強しのその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする