アイスクリン強し

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (101)
  • (266)
  • (461)
  • (88)
  • (23)
本棚登録 : 2006
レビュー : 375
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062150064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若様シリーズの残り巻終読。新聞社との対決がタイムリー(某解散の件)<文中より一部抜粋===「もしかしてこの新聞社では・・・・匿名の手紙ってえやつを記事の参考にしているのか~~では、これらの記事も匿名の手紙が元なのか?この記事は事実無根なんだぞ~~本人の言葉より。赤の他人の言うことが正しいっていうのか?~~~」>等々。関連はない文章なのに、残ってしまう今日この頃。

  •  江戸から明治となって20と余年。
     西洋菓子屋「風琴屋」を開いた真次郎と、長瀬たち元幕臣の警官「若様組」が、次々と持ち上がる厄介ごとに奮闘する。
     序章を入れて6つの短編から成り、それぞれメインとなるスイーツの名前が付いたタイトルになっています。

    ------------------------------------------------------------------

     マンガ版のほうを先に読んでしまって…。
     マンガにはマンガの良さやおもしろさがあるけれど、やっぱり原作はおもしろい。
     マンガだと、どんなスイーツなのかひと目で分かったり、人の動きも視覚的に分かりやすかったりするけれど、ページ数の関係で唐突の話が始まるから、誰が誰なのか考えながら読まないといけなくて。でも小説は地の文でしっかり説明があるから分かりやすい。
     そもそも私は畠中さんの文章の書き方が好きだ。

     あと、園山さんが好きだ。
     イケメンだけれど、無謀で物騒。腕も立つ、ていう。
     若様組は普段から彼を1人にさせないていうし、長瀬さんはその素行に全然信頼を寄せてないとか。
     登場の比率からして、若様組の中では長瀬さんが中心だと思うのに、園山さんのキャラ、すごすぎる。
     『明治・妖モダン』とかに出て来た滝さんよりも強そう。

  • 繋がってはいますが、短編集のような形で進んでいきます。
    明治20年代、日清戦争前の面白い時代ですね。
    今の繊細?お洒落な洋菓子とは違った素朴なお菓子が一杯出てきます。

  • 明治20年ころの若者たちの話。元武士の子供たちが警察に入り、通訳の息子が親を亡くしたあと、居留地で異国の人々に助けられパティシエに。
    幼馴染みの成金の娘と共に若者たちが色々な揉め事などを解決していく。爽やかな感じの作品です。
    あやかしに囲まれた若だんなとも、つくもがみ尻ーとも違います。

  • 表紙をが丹地陽子さんなので手に取った一冊。
    明治20数年前後、西洋菓子店店主の真次郎と、巡査の若様組、成金社主の一人娘の沙羅を中心とした短編集。
    当時の空気、そしてそこはかとなく示唆される戦争、明治の市井の様子が伺い知れる。続編として前日譚があるようなので、そちらも読みたい。

  • キャラがみんな魅力的でアニメ向きだなぁと思った
    コミカライズされてるみたいなのでそちらもぜひ読んでみたい

  • 図書館にて、丹地陽子さんのかわいい表紙に惹かれて手に取る。
    この方は色々なタッチを使い分け、作品に沿った絵を作るのが上手い。
    彼女の漫画絵は同人風だから、こういう絵本のようなテイストやファンタジックな作風が好みだ。ずっと眺めていられる。

    で、本著は『しゃばけ』を書いた畠中さんということで、正直期待していなかった。
    ドラマ化などで話題になった時、何作か読んでみたが、ふわふわしすぎて自分には合わなかったからだ。

    でも今回は私の大好きな食べ物がテーマらしいし、明治の近代が舞台というからいけると思った。

    でも序章でギブアップ。
    なんか腐女子が喜びそうな男たちだなあと閉口したのと、その割には人物描写がざっくり曖昧で妙だった。頭の中でキャラクターが絵として浮かんでこない。色々話してる割に彼らはモブなのか?と混乱する。
    あと、江戸から明治へ時代の変化のおさらいをしているのがメタっぽくて不自然に感じた。キャラクターに語らせる必要はあったか。

  • 資料番号:011067931 
    請求記号:Fハタケ

  • 西洋文化が浸透し始める頃のお話しで、雰囲気も良く、当時の若者達の生き生きとした会話はきっとこんなだったのだろう、と思える描写は楽しかったです、シュウクリーム、チヨコレイト、ゼリケーキ…とても魅力的で美味しそうなタイトル。それぞれの騒動にスイーツが絡むのですが、入り込むことはちょっと難しかったかな。この後に出た、事前のお話し(ややこいな)「若様組まいる」も読んでみようと思います♪

  • チヨコレイト甘し
    シユウクリーム危うし
    アイスクリン強し
    ゼリケーキ儚し
    ワッフルス熱し

    ↑完全に、この目次にやられて借りました。
    表紙の可愛らしさも相まって、華やかな洋菓子をめぐるそれはそれはスイートな珍事が目白押しなのであろうなあウフフ美味しそう、とか思って読んだら大分違っててビックリ。

    明治維新後の帝都を舞台に、菓子屋と女学生と巡査達がワーワーやる青春群像劇……ではあるんですけど、思わず顔が綻ぶような美味しい描写は最初の「チヨコレイト」のみ。何というか、あんまり西洋菓子関係なくね?というか。
    中でも「ゼリケーキ」のコレラ騒動がかなり悲惨。実は巡査が菌を撒いているんじゃないか、国による人体実験なんじゃないか、なんて噂が庶民の間に流れるあたり、昨年世界を震撼させた(そして恐らく今なお多くの人が苦しんでいるであろう)伝染病に関するニュースで見たのとそっくり同じで、暗澹たる気持ちになりました。もう、ゼリケーキどころじゃねえ。ゼリケーキがどんなものか知らないけど。

    園山さんという巡査が大変なイケメンらしいのですが、一体如何なるタイプのイケメンなのか、読めども読めども情報が増えません。
    だからという訳でもないんですけど、あーコレ活字より漫画で読みたいなー、と思ったら普通にコミカライズされてました。便利な世の中になったもんです。

    巻末の資料一覧が非常に面白い。

全375件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

アイスクリン強しのその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする