アイスクリン強し

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (101)
  • (266)
  • (461)
  • (88)
  • (23)
本棚登録 : 2006
レビュー : 375
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062150064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治時代の雰囲気に楽しくつかれる一冊だと感じた。軽い気持ちでさくっと読めます。

  • 西洋菓子店店主の真次郎
    若様組で巡査の長瀬
    気が強い沙羅さん

    強いね強かに生きてくんだろうね

    園山が一目置かれすぎててニヤニヤしちゃう

  • 【あらすじ】
    お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。キュートな文明開化(スイーツ)物語。

    【感想】

  • 明治時代だと背景がちょっとかたいかと思ったけど、菓子屋がメインだからそんなにかたくもなく、出てきたお菓子が食べたくなった。アイスクリン強すぎる。

  • ハイカラさんがいっぱいです。
    明治という時代の華やかなところとその裏側と・・・。

    いつの時代も生きて行くことは簡単ではないのですね。
    価値観が大きく変化する時代は特に。

    謎解きの流れは、しゃばけシリーズと同じ空気を感じます。

  • おもしろかったぁ!と思ってます。
    若様組がわいわいやってるのが本当に楽しそうで、すごく惹かれました!

    時代背景みたいなものも感じられて、おお、ってなりました。

    この作者さんの本、もっと読みたくなりました。

  • 読んでいて楽しかった。
    「若様組まいる」を読むときに再読したい1冊です。

  • ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト。南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。
    そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。そこには今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と…。
    著者の魅力全開!明治の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる「スイーツ文明開化」騒動記。

  • 最高です。出でくるお菓子のすべてがとにかくおいしそうで、何度唾を飲み込んだことやら。個人的に、ダイエット中天敵になる確率100パーセントだと思う。
    ミステリー仕立てのストーリーにドキドキしつつ、甘い香りを堪能できる、一度で二度おいしい小説。

  • 明治って・・・いいよね!!

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

アイスクリン強しのその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする