図書館の女王を捜して

著者 : 新井千裕
  • 講談社 (2009年3月24日発売)
3.20
  • (7)
  • (23)
  • (37)
  • (14)
  • (3)
  • 本棚登録 :172
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062153379

作品紹介

亡くなった妻が図書館の文学全集に残した蝶の栞。白薔薇の香りとともに、書架から書架へ、そして霊界へと誘っていく。彷徨いの果てに出会う心やさしい光景とは…。本と死者をめぐる癒しのミステリー。

図書館の女王を捜しての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館の女王とは亡くなった妻のこと。彼女が古い全集にはさみこんだ白い蝶のしおりは、それを借り出した人のもとへ散っていった。
    というモチーフがきれいだなあと思って読んだ。

    幽霊や幽霊憑きや幽霊と話ができる人やら、登場人物が多い割に相関図もすっきりと頭に入ってくる。
    小説家だけど論理的な文章も上手な方かも。

  • 例えば、「図書館の神様」とか「ふしぎな図書館」とかタイトルに図書館がつく本を見つけるとついつい手にとってしまいます。
    この本はよみはじめたときは、なんか変な話だなぁ失敗しちゃったかなぁと思いましたが、読んでいるうちにだんだん面白くなってしまっちゃったってかんじでした。

  • タイトルから想像していたものとは話もノリの軽さも違っていて、最初はとまどったが、最後は胸の奥がほんのりあたたかくなった。生死の別れにより生じる惜別の念ともどかしさが、ユーモアというぬくもりに包まれている。正直夢中になるほどの面白さではなかったのに最後まで読み通してしまったのは、人が人を想う気持ちが時にひとりよがりで、なのに憎めないという愛すべき不思議なあり方をしているのを、この目で確かめたかったからかもしれない。

  • 20160129

  • 題名に魅かれて一気読み。物語は想像していたものと全く違っていて、題名と必ずしも合致していないと思うが、冒頭ミステリ風に始まり、オカルト風に展開し、やがて夫婦愛や人間愛や本への愛やらへと散らばってそれでも一転へ終結していく。

    だって、登場人物がみないい人だからw

    また、随所にいろいろな文学作品や童話のエピソードが挿入されている。本好きな人なら大概読んだであろう有名作品たち。読んでない本が出てきたりすると、ちょっとくやしかったW

    やたら焼き鳥が食べたくなってしまって、早速コンビニから買ってきましたwww

  • タイトルに惹かれて。読んでみたら妻に先立たれた主人公と、夫に先立たれた妻、そしてその二人の霊をつなぐ盲目の青年の物語だった。
    どうしてこうなった。
    確かに、妻=女王をめぐる物語であったが、まさか幽霊ものだとは思わなかった。もうちょっと納得行く方法で結べなかったのだろうか。疑問である。

  • あとがき。

  • 霊なんて非日常なことがさらりと書かれてるから拍子抜けする
    妻さんのような人になりたい

  • 題名からはぴんと来ないような内容で驚きました。でも、嫌いではない作品です。
    印象としては男性が書いた恋愛小説。ねっとりというほどに粘り気はないけれど、爽やかなものでもなく、その塩梅が男性の恋愛小説にあまり好感を持たない人間にも読めるタイプなのではないかと思いました。
    でも感想としては、「あの件は残念だったね(笑)」というところでしょうか。男性からしてみれば夢でしょうし(笑)。わたしも「このまま行け!」とすら思いましたから♪

  • 正直タイトルに引かれたけど・・・あんまり好きな方ではないかも。
    重いのか、軽いのか・・・あっ不思議な感覚過ぎて好きじゃないなぁーって勘違いしちゃうのかも!
    最後は読んでよかったなぁーと思えました。

    設定「白い蝶とホワイトローズ」は綺麗で好きです。

全40件中 1 - 10件を表示

新井千裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館の女王を捜してに関連する談話室の質問

ツイートする