貝殻チェリー

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062153478

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく読めた
    軽い読み物すきなひとにはいーと思う

  • 「貝殻チェリー」は、夏美のブログ用の名前で、
    携帯小説のレビューに貝殻チェリーが書き込みをすると、
    その小説の読まれる数が増えるのだった。

    携帯小説を読むことににハマっている夏美は、『ビジュアル・セミヌード』という
    書き始めたばかりの小説を見つけ、先が楽しみだったのでコメントを残しておいた。

    ある日、先生に用事を頼まれた夏美は、資料室の中でひとり夢中で
    携帯を操作している人物を見つけた。
    肩越しに見えた画面には『ビジュアル・セミヌード』の作者の画面。
    振り向いた人物は校内の不良グループの一人で、
    いつもクラスで授業妨害してる鷹山~!?

    開き直った鷹山は夏美に、昨夜、貝殻チェリーから励ましの書き込みが
    あったことを、うれしそうに話してきた。
    「それ私なの」なんて絶対言えない夏美は、なんとかごまかして
    その場をしのいだが、以降、鷹山は夏美にも貝殻チェリーにも何度か接触してくる。

    鷹山の、現実と携帯の世界でのギャップに戸惑う夏美。
    不良で怖いだけの鷹山の、本当の姿は・・・。

    この小説も携帯小説を加筆して出版されたそうで、サクサク読めました。
    夏美の心の叫びが、物語に共感を誘い、面白かったです。

  • 微妙。
    なんか、今時の携帯小説だったからかな??
    あたしは好みじゃない
    あんまりにも事がびゅんびゅん進むしね
    感情とかもちっとゆっくり詳しくなると面白かったかな??

    でも、普通に

    良かったんじゃねーかいな

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

貝殻チェリーを本棚に登録しているひと

ツイートする