なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか-夏目漱石、宮沢賢治が愛した「命の水」の125年

著者 : 立石勝規
  • 講談社 (2009年3月24日発売)
2.46
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062153560

作品紹介

「浪漫・感動・動乱・苦闘・奇跡」文豪も戦艦大和の兵士も「心と喉を潤した」。知られざる「風雲録」発掘!三ツ矢サイダーが愛されてきた秘密。

なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか-夏目漱石、宮沢賢治が愛した「命の水」の125年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんかタイトルとか素材とかはすんげぇいいのに、内容がまったく追いついていない感じ。拙い割に俺すげぇ感がプンプン臭う文章が同人誌っぽい。

  • 川西市、源氏祭りでサイダー発祥の地と知って。

  • 毎年1000点もの清涼飲料水の新商品が市場に投入され、その99.9%が消え去っている。そうした中125年間以上三ツ矢サイダーは生き残ってきた。

    夏目漱石も宮沢賢治も愛飲した

    炭酸水は殺菌力があり、腐敗しにくい。そのため大航海時代に重宝された。

    興味深いエピソードは散見されるのだが、毎日新聞で論説委員とかを歴任したとかいう著者が「私の独断と偏見だが~~だろう」という言い回しを多用して萎えた

全3件中 1 - 3件を表示

立石勝規の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
J・モーティマー...
遠藤 周作
半藤 一利
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか-夏目漱石、宮沢賢治が愛した「命の水」の125年はこんな本です

ツイートする