天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界

制作 : 古屋 美登里 
  • 講談社 (2011年2月1日発売)
3.82
  • (8)
  • (11)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :173
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062155137

天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は、世界にほんのわずかしかいない自閉症でサヴァン症候群でもあり、かつ共感覚の持ち主であるという。そして、その能力はすさまじい。円周率は22500桁を暗誦し、10ヶ国語を操るそうである。本書は、そんなダニエル・タメット氏が脳をテーマに、その働きと力について描いた一冊である。

    ◆本書の目次
    第1章 空より広い
    第2章 脳を測る---知能と才能
    第3章 ないものを見る
    第4章 言葉の世界
    第5章 数字本能
    第6章 独創性という現象
    第7章 視覚の不思議
    第8章 思考の糧
    第9章 数学的な考え方
    第10章 脳の未来

    ここ最近読んだ本の大半が、この一冊に集約されるのではないかと思うくらい、濃厚な一冊になっている。通常なら、本章の一章分のネタで一冊の本が書けるくらいではないだろうか。そして、そこに描かれているのは、実に不思議な世界である。

    著者は円周率を暗記したとき、頭の中で数字が入り組んだ多次元の、色のついた質感のある形として現れて、風景として見ることができたそうである。ちなみに、1は明るく、11は丸く、111は明るくて、でこぼこしており、1111はさらにそれが回転していたとのこと。また、バルカン語とスカンジナビア諸語の語彙と文法構造を基にし、「マンティ」という新しい言語を創作してしまったエピソードも紹介されている。そして、この著者の最も優れているのは、この現象や要因への考察を伝達するための「自己説明能力」なのである。

    著者が、ここまで自分をさらけ出してでも伝えたかったことは、人格への尊重ということではないだろうか。その天才的な個性が、サヴァンだからの一言で片づけられてしまうということに、幾度となく絶望してきたのであろう。しかし、花粉症に罹っている人の能力が千差万別であるように、自閉症やサヴァン症候群に罹っている人の能力も千差万別なのである。人格は決して方程式では解けないのだ。

  •  アスペルガー症候群でサヴァン症候群、共感覚持ち。そんな著者だからこその視点で見る脳科学。
     数字に強く言語習得にすぐれた自身の能力についても考察していて、その人間離れした能力も、実はごく当たり前に人間に備わったものの延長に過ぎないことを示唆している。
     特にコンピュータに喩えられることに関しては強く否定しており、自閉症の人が発揮する独創性とその芸術の素晴らしさを例に挙げつつ、人間の脳と心の神秘を描き出す。

     サヴァンの特異な能力の秘密は結局のところ、脳に入ってくる膨大な情報同士を奇跡的に繋ぎ合わせるところにあるようだ

  • アスペルガー症候群であり、共感覚を持ち、そしてサヴァン症候群である著者、ダニエル・タメットが脳についてわかりやすく解説する。ダニエル・タメット著と聞いて期待していたが、正直著者がダニエル・タメットである必要はなかったと感じた。しかし、脳に関する昔から最新の研究を分かりやすく体系的に書いてくれているので、入門書としては優秀だと思う。
    ぜひ購入したい本の一つ。

  • サヴァン症候群の著者が書いた、悩や記憶や数学等々について語ったノンフィクションというか、エッセイ?
    個々の事項については知っている事が多く、認識の再確認といった感じではあったが、それに対する著者の考え方や見解は面白い。
    内容とは関係ないが、参考図書としてあがっている115冊の文献の内38冊、およそ3割が日本語に翻訳されて出版されていて、これはこれですごい数だな、と。この辺の翻訳天国ぶりが英語学習の妨げになっている様な気がしないでもない。

  • チェック項目24箇所。一人一人の脳が素晴らしい。脳は一生のあいだ絶え間なく変化し続ける。十代の子供たちの行動が衝動的、感情が不安定になるのは前頭葉の発達過程が20代前半まで続くから。感情の読み取りが不十分なのは脳の使っている部分の違い。年をとると情緒が安定するのは否定的な感情を抑え、皇帝的な感情をはぐくむようになるから。幻肢現象・・・ミラーボックス。自閉症への偏見・・・複雑で解明されていないから。知能は愛と同じくらい定義が難しい。存在するのは愛の証明だけ。知能に欠陥があると言われた人は不妊治療など行われてきた。遺伝すると思われており、子孫を残さないよう施設隔離など行われていた。知能テスト・・・グループ分け。回想することは健全なこと。欝状態になりにくく精神的に健康。ありのまま見ていない。見たいように見ている。ギャンブル・・・9回負けたあとでも50:50は変わらず。

  • 同じ人間でも、これほどまでに見えてくるものが違うことを羨ましく思うことがある。本書はサヴァンであり、アスペルガーでもある筆者自身によって書かれた貴重なものだといえる。『生物から見た世界』を書いたユクスキュルのように、この本においてもその見え方、とらえ方が違い、異質だというのではなく、その差異を天賦のものとして我々は迎えなければならない。脳内の結びつきが強く、また人よりもその得意不得意が極端化することが、彼らにとっては能力という形で還元され、それがとりわけ多くの人をあっと驚かす。筆者が言っているように、そうであっても私たちは人間であることには変わりなく、これから先もその凄さを目の当たりにしながら、少しずつでも歩み寄っていくことが、真の理解につながるものと思っている。

  • まず一番に思ったのは、前作に比べて非常に文章が洗練されたということ。専門的な内容なのに大変わかりやすく、言葉運びも滑らかで読みやすい。訳が良いのかと思ったが、巻末で訳者も「迷いのない文章だった」と書いていたので、原文からしてそうだったのだろう。

    今回は、彼自身のサヴァン、アスペルガー、共感覚についてよりむしろ、そのような能力を持った言語学者として、学術的立場に立った「脳」についての考察が主だったが、先日読んだ「錯覚の科学」で取り上げられていた内容や実験と重なる部分も多く、興味深く読めた。

    各章で一冊の本になりそうなほど内容が濃く、まとめて感想を書くのが難しいので、各章から印象に残ったキーワードを。

    <第一章 空より広い>自閉症・アスペルガー・サヴァンについて、コンピュータは脳には勝てない、繋がりあう脳、脳の可塑性、階層状に蓄えられる知識、いかに学ぶかではなく何を学ぶか、考えたり学んだりする道に優劣はない

    <第二章 脳を測る-知能と才能>IQテストは無意味、複合的な知能(ガードナー)、天才は生まれるのではなく作られる

    <第三章 ないものを見る>記憶のゆがみ、何かを思い出すときはその時味わう感情や思考に左右される、音楽に合わせる脳、予測することに喜びを見出す脳

    <第四章 言葉の世界>言語の普遍性、ピジン語、第二言語、言語の臨界期(ジェニーのケース)、知らない言語の意味を読みとる直観力

    <第五章 数字本能>赤ん坊の数の感覚、サヴァンの計算能力は脳の抑制レベルが低下し言語と数字をつかさどる領域の異常な混線の結果、スモールワールド現象(ミルグラムの実験:無関係なふたりの個人をつないでいるのはたった五人の知り合い)

    <第六章 独創性という現象>思考・記憶・感情・発想として独立しているはずのものが混線(過剰結合)が独創性を生む、画家・詩人・作家には共感覚者が多い

    <第七章 視覚の不思議>錯視

    <第八章 思考の糧>情報過多は脳に害を与える、ウィキペディアの精度、群衆の知恵、図書館の有用性(デューイの分類法)

    <第九章 数学的な考え方>統計的に物事をとらえる、宝くじの愚、発表のかたより、相関関係があることが因果関係にあることにはならない

    <第十章 脳の未来>人間同士のコミュニケーションは単なる聴く・話すよりはるかに複雑

  • 特異な能力って、脳内の「配線」の違いでできるんだと納得。
    やっぱり総容量はどんな人も100で、割り振りと繋ぎかたの違いで表出する能力が変わるんだろうな…

  • 500 文英堂

  • 内容も語り口も噛み砕かれており、非常に読み易い。浅く広く展開されている印象で、個人的には知っている部分も多々あったが、それらを差し引いても興味深い内容が多かった。
    著者が言語と数字に長けたサバンということもあり(著者は言語学者でもある)、特にこの二つがメインであったと思う。

全16件中 1 - 10件を表示

ダニエル・タメットの作品

天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界を本棚に登録しているひと

ツイートする