絞首刑 (現代プレミアブック)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (6)
  • (9)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062155519

作品紹介・あらすじ

「存置」か「廃止」か、ではない。描かれるのは、徹底的にリアルな風景だけ。裁判員制度の導入で貴方が得るもの、それは、どこかの誰かを死刑にする可能性。加害者本人や被害者遺族、刑務官、教誨師、検察庁幹部…。それぞれの口の端から零れる懊悩と逡巡、そして、自らの手で死刑を確定させた男からの手紙に書かれる酷薄な論理。さまざまな現場の声を拾うことによって再現される、執行のボタンを押すという「作業」にまつわる、あるがままのリアル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 得られたものは特になかった.

  • 巻末に載っている本の『まとめ』のようなカンジ。
    題名は重たいしインパクト有るけど、実際の内容は『死刑の是か非か』だし。

    実際にあった事件を、当事者(死刑囚)、被害者からみている雰囲気。

    最初の『かくしてボタンは押される』の章でちとムカムカしますが、それ以降は普通のルポかな?

    題名のわりには読みやすい。
    ただ、面白いかは別。

  • 2016/09

  • 死刑囚や被害者遺族に関するルポ。死刑囚と被害者遺族との手紙のやりとりが死刑執行によって途絶えてしまうエピソードや、刑務所内での受刑者の反省の度合いに関わらず刑が執行されることに対して、教誨師など彼らを支える人々が感じる不条理など、考えされられる点は多い。

  • 主に木曽川リンチ殺人事件を中心としたルポ。短絡的な行動によるもので同情の余地は無さげだが反省して被害者と交流をもつ被告もいるのが人間の不思議さといえる。
    他にも絞首刑に処せられた者を取り上げており死刑問題に考えさせられる。
    恐らく論点がずれるので作者が徹底調査しなかったと思われるが冤罪の疑惑が深い「飯塚事件」こそ取り上げるべき大問題ではなかろうか。何せ絞首刑にされているのだから…

  • 私の中では衝撃的だった。
    ノンフィクションの作品をあまり読まないというのも
    あるのかもしれない。

    表紙を捲り、すぐに書かれた
    一文に興味を持ち、読み始める。

    始めのところで、
    リアリティではなく、リアルな描写を読み、
    何度か体が震えた。
    そして熊谷の事件が、一番興味深く考えた。
    確かに正論のような気がする。

    たくさんの人の目線から書いているが、
    亡くなった被害者の主張がないのが
    虚しくてならない。

    他にもこういう作品を読んでいきたい。

  • あとがきの「執行ボタンを押しているのは若き刑務官だが、その指を動かしているのは私達一人ひとりの暗黙の意思なのだから。」という言葉が印象に残った。

  • 久間三千年は無辜だったか?

  • 日本の死刑の詳細。死刑囚の人となり。冤罪の可能性がある死刑囚が問答無用で処刑されていたり…と、「死刑」を問うルポルタージュ。

  • 死刑執行の様子、刑に携わった人々の気持ち、死刑囚の心情、またどうして犯罪を犯してしまったのか、被害者遺族の苦しみなどが書かれており、死刑の是非を考えさせられる一冊です。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。著書『日本会議の正体』『安倍三代』『抵抗の拠点から』など多数

「2020年 『抵抗者の証明』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木理の作品

ツイートする