大系 黒澤明 第2巻

著者 :
制作 : 浜野 保樹 
  • 講談社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (726ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062155762

作品紹介・あらすじ

『七人の侍』で築いた栄光から失意の時代へ
名作を陸続と世に送った輝きから、東宝からの独立、海外資本との不調、そして衝撃の自殺未遂。作品は『どですかでん』まで。未公開の写真・衣装画なども多数掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二巻には、「生きる」から「どですかでん」の数年後までの約30年間の資料がまとめられています。「七人の侍」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」の衣装デザイン画から始まって、とにかく読みどころ満載。本人の発言もさることながら、関係者による証言や文章も面白いです。連休中に、じっくり読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(くろさわ あきら 1910−1998年)
日本を代表する映画監督。1943年『姿三四郎』で監督デビュー。生涯30本におよぶ名作を監督した。『七人の侍』(1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞)など海外の映画祭での受賞が多く、映画監督として初めて文化勲章、国民栄誉賞を受賞し、1990年には米アカデミー名誉賞が贈られた。

「2012年 『黒澤明脚本集『七人の侍』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒澤明の作品

大系 黒澤明 第2巻を本棚に登録しているひと

ツイートする