外科医 須磨久善

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (31)
  • (51)
  • (69)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :421
  • レビュー :65
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062155830

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説と思っていたけど、バチスタ手術のノンフィクションでした。

    思っていたよりも医療用語が多くて、難しい。
    でも面白い。海堂さんだから書けた内容。
    公開手術をしつつ、術式や患部のズームとか…質問に回答する
    …人間業とは思えない。
    神業。

    自分自身大きな病気をして外科医の先生に命を救っていただいたので
    外科医を尊敬します。

    入院中、外科医って大変そうだなって思いました。
    外来で患者を診察、入院患者の管理、当直、半日もかかる手術
    救急患者への対応…などなど。

    須磨医師は特別にすごいけど、外科医はみな尊敬のまなざしで
    見てしまう私です。

  • 映画がされたバチスタの筆者が書いたドキュメンタリー!日本の先駆者、須磨医師のバチスタ導入までの話や映画化にあたっての話など面白い♪
    ただこの本を読む前にはバチスタの映画をみた方が一層楽しめると思います☆

  • wikiで神の手を検索すると神の手と呼ばれる外科医が何人かいるが須磨氏もその一人だ。ドラマにもなった「医龍」やこの本の著者である海堂尊氏の「チーム・バチスタの栄光」で有名になったバチスタ手術を日本で初めて執刀した。この2作の医療監修を行ったのもうなづける。海堂作品の読みやすさのまま須磨久義医師を紹介しているのだが、元々「チーム・バチスタの栄光」は心臓を止めるのなら何の手術でも良かったのが須磨を描いたプロジェクトXの映像と地上の星のメロディが浮かびバチスタに決めたそうだ。

    「一流になるには地獄を見なければならない。だけどそれでは所詮二流です。一流になるには、地獄を知り、その上で地獄を忘れなくてはなりません。地獄に引きずられているようではまだまだ未熟ですね」
    人材を育てるにはという質問には「本物を見るのが一番いいでしょう」なかなかセリフも格好いい。

    須磨氏はボウズがいやで甲南中にすすみ、中二で医師を志望する。高校時代成績は良かったが高三の夏休みに受けた全国模試である科目がわずか8点しか取れず愕然とする。ショックを受けた須磨は部屋に閉じこもり一心不乱に勉強するのだが、両親に声をかけるなというのみならず学校に行って無茶な質問をする。「授業を受けて100点取ったら医学部へ行けますか?」「絶対に無理だ」「それなら自分で勉強したいので明日から学校に来なくていいですか?」これを認める先生方もたいしたものだ。須磨家の出した条件は国立以外は大阪医大だけ。大阪医大を受験し1000人中80人に入ってしまった。

    心臓外科医の竹内教授にかわいがられたのに、試しに受けた虎ノ門病院に合格し一般外科の研修医になる。初期研修の成績が認められ有給の後期レジデントへの延長を持ちかけられたと思ったら、順天堂大の胸部外科教室に入り心臓外科として又一から研修医となる。そして当時の教授が異動する際に竹内教授に呼び戻され大阪医大に戻った。わざわざ遠回りしているように見えるがこれが後に新たな術式を生み出す元になっている。

    人口心臓を見たいとユタ大学になぜか夫人の伝手を頼って紹介してもらい留学を決め、心臓外科の最新の世界を見て来たことで35歳にして冠状動脈バイパス外科のヘッドに大抜擢されると、近傍の開業医に患者の紹介を依頼し次々と評判を読んで年間20例ほどだったバイパス手術が4年後には年間100例を超える。当時の関西の2大巨頭である京大も阪大もせいぜい数十例の時代だった。89年に三井記念病院に移るとバイパス手術だけで年間200例を超える日本一バイパス手術をする病院になる。

    バイパス手術には足の静脈を使うのが一般的だったが後に手術後の予後を調べたところ移植した静脈がぼろぼろになっていることがわかった。静脈より一桁高い血圧のかかる動脈のバイパスには動脈を使う方が良いのだがなかなか手頃な血管がない。須磨の留学はちょうどこの転換期にあたっており、内胸動脈を使う方法は出て来ていたが左右二本しかなく届く範囲も限られている。そこで須磨が選んだのが横隔膜を切って胃大網動脈をつなぐというアイデアだった。通常外科であっても胸部と腹部は専門が分かれているため心臓手術のために開腹するというのは盲点らしく誰も思いつかない。一般外科で修行していたこともあるのだろうがきちんと論理的な筋道にそって得た結論のように見える。しかし当初はこの術式を発表しても聞いた方は口あんぐりという状況だった様だ。

    その後もベルギーでこの手術の公開手術を受けて立つ。新しい術式を広めるのが目的だがただ手術に成功すれば良いというのではなくもっと良く見せろという様な注文が飛んでくる。もし失敗したり手技が下手だったりすればもう相手されなくなるのでリスクも高い。日本最初のバチスタ手術にしても成功率は元々高くなく、手術自体は成功したものの患者は術後肺炎で死亡してしまう。それでもすぐに二例目の手術を執刀する。「この手術には二つの命がかかっていた。患者の命とバチスタ手術の命だ」と語ったわけは心臓移植ができない場合放っておけば長くない命を延ばせる可能性があるのがバチスタだからだ。後に病変位を特定して切除したり、切らずに縮小して縫い縮めるスマ手術と言える術式に進化させている。

    須磨が見た地獄の答えはこの本にはないが恐らくこの1例目を乗り越えたことじゃなかろうか。

  • ☆☆$$ミステリーでなく、ノンフィクションだが面白く読めた。$$須磨さんのすごさが存分に伝わる1冊。$$医者はすごくつらい職業であることを痛感。

  • 日本で初めてバチスタ手術を行った人のお話。

    ひとつの新しい技法が認められるまで本当に大変なんだな~。
    責任問われたりバッシング、皮肉…それでも人を助けたい思い。

    頭が下がります~。

  • 「チーム・バチスタ?バチスタ手術?何やそれ」というわけで、とりあえずその日本での第一人者である須磨久義先生についてのこの本を読んでみることに。
    まず読みやすさに驚いた。医療関係ときくと、もしかしたら途中ギブアップするかもな、と思ってたけど、苦もなく完読。
    須磨先生の冒険物語のような人生も面白かった。なぜうまいこと転換期がやってくるんだろう。いや誰でも転換期は訪れていて、それに乗るか乗らないか、と海堂氏が言うことに確かに、、とか思わされたり。
    もちろん手術の成功は輝かしい。だが挑戦するそのこと自体がすごいのだと考えさせられた。

    地獄を見る、そしてその地獄を忘れる、それが一流というものだ。

  • 海藤さんのノンフィクション作品。リアルバチスタです。世の中にはスゴイ人がいる。

     海藤さんの「バチスタの栄光」デビュー作だったとは、知りませんでした。そして小説家である前に、医者だったとは。

     バチスタの出版後、そのモデルになった須磨久善さんについて、改めて取材を行い、ノンフィクションでまとめたものです。当初は、医者である海藤さんが、須磨さん視点で本作を執筆する予定だったとか。書き始めてすぐに、それがどれだけスゴイことか分かり、このスタイルになったそうです。

     カリスマ経営者について、色々と取り上げられる機会が多いですが、須磨さんと言う人は、また違うタイプですね。

     ビジネス書では無いですが、気になる言葉や考え方が多く載せられています。こう言う人と一緒に仕事出来るって、羨ましいです。

     ノンフィクション作品はあまり読まない私ですが、ブクログのフォロワーさんのレビュー読んで、とても気になった本書。
     予想以上に面白かった。図書館で単行本借りましたが、文庫版が出てるそうなので、蔵書に決定です。

  • 世界的に有名な心臓外科医、須磨先生を「チーム・バチスタの栄光」等で知られる作家の海堂先生が取材して書かれた1冊。須磨先生のこれまでの人生、軌跡を追うと同時に、公開手術という世界、難手術を実際行うまでの倫理委員会や厚生省への手続きなど病院側のさまざまな努力等、ふだん一般の私たちがなかなか知ることのない貴重な内容も学べた。そして何よりも、技術のすごさもちろんだが、とてつもないプレッシャーを超えて、難手術を行う須磨先生のタフさ、ポジティブさ、決断力が圧巻。ひとえに「ひとを助けたい」という想いの強さに胸うたれる。超一流の方の、生き方、考え方、姿勢を学べるすばらしい1冊。

  • 外科医 須磨をリスペクトしているのだろうが、面白くなかった。

  • 抜きん出た人生を歩む人は己に素直で己の思うままに確固たる信念を貫く。そして人間性も豊かで常に自己を高め他人を否定せず、全力を尽くす。

全65件中 1 - 10件を表示

外科医 須磨久善のその他の作品

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外科医 須磨久善を本棚に登録しているひと

ツイートする