獣の奏者 (3)探求編

著者 :
  • 講談社
4.30
  • (624)
  • (478)
  • (204)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 3029
レビュー : 349
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062156325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻まで読んでよくわからなかった矛盾点がわかりかけてきた。

  • イアルと結ばれ息子も生まれ穏やかに幸せに生きていたエリンが、再び人の争いの渦に巻き込まれていく。生き物を武器として使いたくないという信念と愛する者を守りたいという気持ちでもがく彼女の過酷な運命に胸が痛む。

  • 前半はだらけてしまった印象だけど、後半でようやく面白くなってきた。

    イアルの感情がわかりにくく、何がしたいのかわからないので、4巻に期待します。

  • イアンと結婚して、ジェシを設け8年目。
    エリンは、大公(アルハン)シュナンから呼ばれ、闘蛇の牙の大量死を調査することになる。
    エリンの警護に当たるヨハルとともに、行動するうち、血と穢れ(サイ・ガムル)に襲われる。
    ヨハルを救うために、母が使った大罪の技を遣うエリン。
    救われたヨハルはエリンに秘宝の「残った人々の記」(カレンタ・ロゥ)を見せる。
    シュナンから王獣を繁殖させ、部隊を作る構想を命じられるエリン。
    一方、イアンとジェシはなにものかに襲われる。
    また真王(ヨジェ)セィミヤからも王獣部隊について命じられるエリン。
    そんなエリンはセィミヤに、神々の山脈(アフォン・ノア)へ行き、王獣の秘密について調査にいくという希望を伝える。
    アフォン・ノアに向かうエリンは大雨で増水した河にのまれるも、イアンに助けられる。

    最終章では、真王、大公に謁見するエリン一家。
    エリンは王獣部隊を作ることを約束する。ただし操者の技を伝えることはせず、自分とエサルと真王のみが操者ノ技を伝え受けることを提案する。
    真王は受け入れる。
    その席で、イアルは闘蛇乗りを志願する。それはエリンの知らないことであった。

  • 元々は書くつもりがなかったと云う後半。エリンとイアルは結ばれ、息子のジェシが8歳に育っている。確かに話はある意味独立しており、元々なかったと云われても納得は出きるが、前半で謎のまま終わっていたところが徐々に解き明かされていく。この巻は完全に完結編への導入章。

  • ささやかな幸せが時代に流されていく。昔の過ちを繰り返すのか?新たな道を見つけられるのか?次巻が楽しみ。

  • ML 2016.8.13-2016.8.14

  • エリンは再び運命の曲がり角へ。

    エリンが母となる。それでも彼女は自分の命をもって、「罪」の購いをする決心を変えようとはしない。それほどまでに強い、知識への欲求。そして、知らなければ判断できないという思い。

    お互いに強い武器を持つことが平和につながると考えるのが、現代の常だ。丸腰では何も守れないし、交渉のテーブルにもつけない。戦はなくならないと思うけれど、戦を否定することは忘れない。間違いを犯す責任をとる者だけが、利益を得ることができる。厳しいけれども、忘れてはいけない。

  • 感想は最終巻にて。

  • 第3巻は、恐ろしい闘蛇と王獣との戦いの場から
    無事にエリンが逃れてから11年後の話だった。
    王獣を武器とする真王が治める国と闘蛇を武器とする大公が治める国。
    2つの国は真王と大公が結婚することで一つになっていた。
    争いはなりを潜め王獣を操れるエリンにも
    真王の「堅き楯」の兵士だったイアルとのあいだに、
    ジェシという子供が生まれていた。
    母となったエリンだが、その仕事は続いていた。
    ある日、闘蛇を育成している村へ行って
    闘蛇の集団死の謎を解くよう、命令が下る。
    エリンが集団死した闘蛇を調べると、
    いやでも自分の母がその集団死の犠牲になったことを思い出された。
    闘蛇や王獣を武器にするしきたりには、
    古い伝説の中でまだ大きな秘密が隠されていると知ったエリンは、
    その秘密を探しに行こうと決心する。が、その矢先に何者かに襲われる。
    同じようにエリンの夫と息子も襲われた。
    エリンの王獣を操れる力を利用しようとする者がいたのだ。
    国の窮地を救おうと、真王は、エリンとの約束を破り、
    エリンに王獣の戦闘部隊をつくるよう、命令をする。
    二度と王獣を戦いに使いたくないエリンだが、世界の滅亡をふせぐため、
    夫イアルともども、苦い決意をすることに・・・。

    エリンや王獣のリオンとその一家が穏やかに暮らせたのは、
    わずか10年足らずだった。
    エリンのまだ知らなかった王獣と闘蛇の過去の秘密があきらかにされ、
    わくわくしながらページをめくっていった。
    人間ばかりか王獣たちも
    平和に暮らせるような世界が果たして本当にくるのだろうか。
    平和な世界を望むエリンの苦い決意が切ない。
    そして一大決心をしたエリンとイアルのその後の人生はどうなるのか。
    最終章の結末が気になって仕方がない。

全349件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

獣の奏者 (3)探求編のその他の作品

上橋菜穂子の作品

ツイートする