獣の奏者 (4)完結編

著者 :
  • 講談社
4.41
  • (748)
  • (372)
  • (173)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2978
レビュー : 418
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062156332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱり面白い!
    読み始めるとあっという間に世界に引き込まれ、降りる駅とかで読み終わらなきゃいけないのがものすごく残念でした。
    生物系の理系の私としては、エリンの興味の方向とかがものすごくよく分かるし、王獣や闘蛇の生態なども良くできていると思いました。
    後半は戦闘記ともなるのですが、この辺の戦術のツメなどはやや甘いかなぁ。

    最初の2巻で物語は完璧な完結を得たかと思ったのですが、残りの2巻でもその質を落とすことなくさらに磨きを掛けて大きな物語を描ききった作者の力量に拍手です。

    絶対お勧め!

  • 120:読み終わってしばらくして、この結末でなければならなかった理由を考えてからようやく泣けてきました。読者としてはとても悲しいけど、責任という言葉の意味、重さをすごく考えました。人と獣、人と人、言葉が通じなくても通じても、響きあう一瞬の美しさが尊いものだというのは同じ。

  • あとがきで、闘蛇編と王獣編で作者の中では完全な丸で完結していたと書かれていた。
    確かに探求編と完結編は付け足した感はあるけれども、決して蛇足ではなく◯の外周にもう一つ円ができて◎になったように感じた。

    最初の二作から随分時間をかけて練られた作品だけあって、絡まり隠された歴史が丁寧に紐解かれている。

    この4作品では書かれていない11年間の出来事を書いた外伝もあるみたいだけど、それこそ蛇足にはなっていないかな。
    知りたい気持ちももちろんあるけれども、想像することの余地があるのも読者の楽しみだと思う。
    と言いつつ、きっと読んじゃう!!

  • やはり。というラスト。児童書なので、分かりやすいが、「守り人」のラストを思えば、こんな感じかな。蛇足間は否めない3・4巻だったかもだが、前2巻の伏線消化にはこれだけ必要だったんだろうなあと。…分かっていても、エリンの人生には泣ける。

  • もしも出会わなかったら?
    あのまま何も食べられず息絶えていただけ。
    そして彼女自身も、母に救われた命だ。

    彼女が見せた真実。
    人はいつまで記憶していられるだろうか。

  • 互いが互いを想い合う場面、場面が本当に泣けた。悲しい結末ではあったけれど、エリンの願いが叶い、ジェシの成長した姿で終わったのは本当に良かった。

  • 王獸と闘蛇を人の手で増やし、戦わせるとどうなるかー、最後にそれが分かり衝撃的でした。
    かつて神々の山脈の向こうで起こったことの真実が隠さずに語り継がれていれば、、と悔やまれます。
    エリン、イアル、ジェシが家族三人穏やかに暮らすために様々なことを犠牲にしつつ、歩んできた道のりを思うと、、やっぱりラストはせつない。。
    読み終わって物悲しい気持ちになりました。
    外伝はもう少し時間が経ってから読むことにしよう。
    エリンとリラン、ジェシとアルが心通わせるシーンが好きでした。

  • やっぱりだけど、リランたち死んじゃうんだ。・(ノД`)・゜なんで生き物はいつも人の争いに巻き込まれるのかなーと(/ _ ; ) 野に放てたアルの子供たちが、二度と捕まりませんように。

  • 二年経って、王獣はエリンの元で軍隊となっていた。ずっとできなかった繁殖もできるようになったり、闘蛇も改良?されたり、生き物としての研究は進んでいたけれど、決定的なことは分からないまま、戦いの時が来る。
    言い伝えられてきた通りの大災害が起きようとした時、エリンはその命をかけて街を救った。
    ラスト、あのクソ生意気なガキだったジェシが獣医となり、かつ生徒に教えていたのは胸熱。

  • やっと完結編読めました。
    全体的に重い感じはありました。
    それぞれの思いが交錯した回だと思いました。
    昔、どんなことがあったか、それが今回起こってどうなったか、人は隠すのではなく、伝えていかなくてはいけない、というのが伝わってきました。

全418件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

上橋菜穂子の作品

ツイートする