獣の奏者 (4)完結編

著者 :
  • 講談社
4.41
  • (748)
  • (372)
  • (173)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2979
レビュー : 418
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062156332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 涙なしじゃ読めない。
    読んですっきりするか
    と言われたら、
    まったくしない。
    やるせない気持ちになる。
    でも、とても綺麗な終わりだった。
    素敵なお話でした。

  • 切ない。

  • 号泣して、しばらく世界観から抜け出せなくなる。そんな作品でした。

  • もーすごかった!流れ的にエリンは最後死んじゃうのかなとか思ってたけど、その辺はあんまり詳しく書いてなかった。とにかくジェシが…かわいそうというか、すごく成長したと思う。最後なんか、先生になってるし!エリン達夫婦ですごした場面は、本当に愛し合っているんだなぁと思った。印象に残ってる。王獣とトウダの最悪な出来事が想像できなくてどんな事が起こるんだろうと思ってたけど、一瞬で人が亡くなるなんて…。結構聞いたことのある王獣が狂ってしまうのは悲しい。それでも、エリンは止めようとして懸命に方法を探して…。やっぱりジェシなんだよなぁ!最後は!ジェシのおかげで止められたようなものだし。イアルもカッコ良いですwイアル大好き!エリンが死ぬ前にこの出来事を書いてもらってる場面で、今までのエリンの生活や生き様が思い出されて、エリンは強く美しい人だったんだと改めて思った。

  • 決意を固め、王獣たちの訓練を始めたエリン。
    イアルはまた、ある決意を固め闘蛇乗りに志願し、家族はバラバラになる。
    その時にも、はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐり、どんどんと激化していくラーザとの戦い。
    リョザのものであったはずの闘蛇をラーザも保持していることがわかり、もはや王獣を使うしかないと考える王家の者たち。

    しかし、それは絶対にやってはならないことだった。



    前作での謎が解明されていく〈探求編〉と〈完結編〉。
    何というか…やるせないです。
    どんなにそれが正しくても、一人では立ち向かえない強大な波があって、その中で守りたいものがあって、その為に何としても死ぬわけにいかないエリンがとった道。
    それしかなす術はなかったのだと思う。
    自分がいなくても、いつか誰かがやるのなら、私が。そして、必ず幕を引くのだ、とそう思う気持ちもすごくよくわかる。
    でも、それでも、他に方法はなかったのかと思ってしまう。
    ジェシを思う気持ちとリランたちを守りたいという思いは時に対立してしまう時もあって、それが切ない。


    知らないまま、隠されたままの方がよかったのか。
    この事を皆に知らせて、人を信じていく道がよかったのか…。


    次に読む時にはまた違う感想を持つのだろうか。
    いつか、また読みたい。

  • ちびくろさんぼ?

  • あとがきにもある様に、2巻で終わるつもりが、その先を書いた事で、ゲド戦記みたいな感じになってしまった。

  • 泣きそうになった

  • 完結編。王獣と闘蛇群が向き合うとどうなるか、主人公エリンが身をもって示す。 どんな惨事も隠すのではなく伝えていかなければならない。

    争いはなくならない。歴史は繰り返すってこういうことなんだな。とにかく読んでいて苦しかった。
    シリーズ全体としては☆4。また読みたい。

  • 2014.02.18読了。
    今年7冊目。

    面白すぎて一気読み。
    闘蛇、王獣、謎が多く神秘的な獣たちに魅せられて、エリンと一緒に最後まで走り抜けたような気分。

    前半は闘蛇、王獣について。
    この不思議な獣たちはとても魅力的で、わからないこともたくさんあり、もっともっといろんなこと知りたくて夢中になって読み進めた。
    途中養蜂、ミツバチについての話もとても面白かったし。

    そして後半は闘蛇、王獣にまつわる歴史も絡んできて、国も関わる話となっていく。

    人間の身勝手で歪められてきた動物たちは闘蛇や王獣だけでなく身近にたくさんいる。
    そのことは私がちょうど飼っている猫のルーツを調べたことと重なり気が重くなった。
    つくづく人間は身勝手で矛盾だらけだなと。

    そして人はなぜ戦を繰り返すのか。
    という永遠のテーマ笑
    戦をし、互いに傷つけ合い、反省したはずなのに、それでもまた戦を繰り返してしまう人間を本当にバカな生き物だなと思うと同時に、戦の先にまた希望を見出し、一からはじめることができるのも人間だけで、タフというか、面白い生き物だなとも思う。

    最後リランが死んでしまったのは本当に悲しかった。

    この本は児童書のようだけど、大人でも十分すぎるくらい楽しめるし、考えさせられる。
    少し難しいかもしれないせど子どもができたら読ませたい笑
    アニメ化されてるようなのでそちらも見てみたいと思う。
    私の想像した闘蛇、王獣はアニメだとどんな風になってるんだろう。
    それを見るのも楽しみ♪

全418件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

上橋菜穂子の作品

ツイートする