「世界大不況」は誰が引き起こしたか~米国「金融エリート」の失敗

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 松村 保孝 
  • 講談社 (2009年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062156899

作品紹介

金融崩壊の「震源地」では何が起こっていたのか?ベン・バーナンキ(連邦準備制度理事会議長)など「金融エリート」は、なぜ間違ってしまったのか?そして、投資家ジョージ・ソロスは言った。「さらなる崩壊の瀬戸際に我々はいる」米誌「ニューヨーカー」発の本格経済レポート。

「世界大不況」は誰が引き起こしたか~米国「金融エリート」の失敗の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度も破産する天才投資家の話がおもしろかった。ユダヤ系の天才で、ジョージ・ソロスと働いてた人でも、やっぱり破滅するんだ。

  • 文章がとても読みやすくて全体としては面白かったです。みんなが問題に気付いてても、止められないときは止められない。世界中みんな同じだなと思います。でもアメリカは、事後けっこうすぐに真相追及のとてもよいルポが出るのでうらやましいです。

全2件中 1 - 2件を表示

「世界大不況」は誰が引き起こしたか~米国「金融エリート」の失敗に関連する談話室の質問

「世界大不況」は誰が引き起こしたか~米国「金融エリート」の失敗はこんな本です

「世界大不況」は誰が引き起こしたか~米国「金融エリート」の失敗を本棚に登録しているひと

ツイートする