伊藤博文 近代日本を創った男

著者 :
  • 講談社
4.21
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (610ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062159098

作品紹介・あらすじ

倒幕、廃藩置県、岩倉使節団、西南戦争、初代内閣総理大臣、条約改正、日清戦争、日露戦争、初代韓国総監、そして暗殺-「憲法政治」実現に懸けた全生涯。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 約600頁の大作。
    図書館で予約していて受取る際には、その厚さに尻込みしそうになりました。
    電車の中で立って読むと、そのずっしりとした重量で手首を鍛えることができます。

    でも、読み始めてみるとこれが面白い。
    読了時の満足感はそのボリュームだけによるものではありません。
    手紙や日記など一次資料への取材量が尋常でなく、まるで伊藤博文の生涯を傍で見てきたかのような臨場感にあふれています。

    伊藤博文は低い身分の出自で、世代的にも明治維新時にはまだ若手でしたが、明治初期に岩倉・木戸・大久保らから信頼を得て台頭し、彼らの死後には実質的に明治政府のナンバー1の存在となる。
    本書で強調されているのは、明治天皇からの信頼が絶大だったこと。
    そうした信頼を基盤に、憲法制定、条約改正、朝鮮・満州を巡る国際関係などの難題にリーダーシップを発揮してあたっていきます。

    優れていたのは、その国際感覚と現実主義的な構想力。
    若くして英語を学んだことで重用され、英国への密航や岩倉使節団への参加により欧州の先進国における国家の在り様を実地で見聞することになる。
    当時の日本社会の成熟度を考慮すると、形式的に憲政を導入しても時期尚早であることを冷静に判断し、一方で民党勢力の過度の台頭を抑制してエリート主導による国家整備を進めつつ、民党の育成にも心を配り、実際に政友会の初代総裁となります。

    一次資料への豊富な取材をベースにしているので、他の明治政府首脳陣との複雑繊細な人間関係についても微細まで記されているのが興味深いところです。
    例えば、伊藤にとって師匠的存在であった木戸孝允や、一番の盟友であった井上馨との間にすら、一時期疎遠になったりもする。
    また、元勲ナンバー2の座にあった山縣有朋は、同じ長州出身ながら対峙することしばしばであったものの、伊藤自身山縣の窮地を救うこともあり、単純なライバル関係にあったわけでもない。
    薩摩閥でも、西郷従道との関係は安定していたが、松方正義とはソリが合わなかった。

    伊藤の生涯は、まさに明治日本という国創りの足跡と重なります。
    そして、幕末から新政府の立ち上げに至る政治状況・社会状況は、閉塞感に包まれつつある現在21世紀初頭の日本の姿とオーバーラップするものがあるなと改めて感じました。
    この時代、たくさんの人が死にました。
    戊辰戦争や西南戦争のような内戦、排外主義者による外国人への殺傷事件、不平士族など既得権益を失った者や民権主義の壮士が起こす騒擾事件。
    それに比べると今の日本はまだまだ至って平和ですが、近い将来もっと社会不安は大きくなるかもしれない。
    伊藤博文は、そんな時代を良識とバランス感覚、そして「剛凌強直」な信念で国を引っ張っていった。
    そんな人物が果たしてこれからの日本にも出現するのか…

  • 2009年刊行。ご存知初代首相伊藤博文の人物評伝。大部だが、表現は簡潔明瞭なので、明治政治史の基礎知識のある人ならすらすらと読める内容。著者(京都大学大学院法学研究科教授)の手になる「山県有朋」もそうだが、対象者への好意的眼差しが文体に表れるので読後感は悪くないが、歴史的な批評としての適否はよくわからない。もちろん、所々で新説を披露されるが、争点が細かすぎることもあり、歴史研究者でもなければ関心を持ちにくいようにも思う。

  • 伊藤博文の伝記。
    圧倒的なボリュームで伊藤の考え方や行動だけでなく
    人間関係や国際情勢を分かりやすく、だれずに描ききる。

    憲法、議会、政党に対する思想の変化や根拠、
    姿勢がよく伝わり、理解できた。
    登場人物も非常に多いが、
    ひとつひとつが丁寧に描写され、
    群像劇としての明治史としても面白い。
    伊藤がナショナリズムの激烈さを
    重く見ていなかったという主張も、
    この流れであれば納得がいく。

    主張の偏りや過激さも感じられず、
    明治を理解する上で、非常に役立つ一冊であると感じる。
    オススメしたい。

  • 知の政治家伊藤博文を初めて正当に過不足なく評価した評伝。

  • 本屋さんで気軽に手に入れられて、これだけしっかり書かれている伝記が他にないので、とても重宝しています。

  • (欲しい!)

  • 決定版の評伝。伊藤博文の生涯が頭の中でだいぶ整理された。明治の政党政治はおもしろそう。今度は原敬の評伝を読みたい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

京都大学大学院法学研究科教授
1952年生まれ,京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学,博士(文学)。
主な著書に,『昭和天皇と立憲君主制の崩壊――睦仁・嘉仁から裕仁へ』(名古屋大学出版会,2005年),『「大京都」の誕生――都市改造と公共性の時代 1895~1931年』(ミネルヴァ書房,2018年),『元老――近代日本の真の指導者たち』(中公新書,2016年)など。

「2018年 『日本政治史の中のリーダーたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤博文 近代日本を創った男のその他の作品

伊藤之雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

伊藤博文 近代日本を創った男を本棚に登録しているひと

ツイートする