ヒトラー第四帝国の野望

制作 : 伏見 威蕃 
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062159678

作品紹介・あらすじ

「ニュルンベルク城の地下壕に、隠された財宝があります。ヒムラー全国指導者とその幕僚、市の上層部数名のみが知っているだけです…」「ハインリヒ・ヒムラー?SS(親衛隊)の?」ドイツ人捕虜が訊問で漏らした一言から始まる追跡劇-瓦礫の山と化したナチス・ドイツの"精神的聖地"ニュルンベルクを舞台に、蠢く元ナチ党員、ドイツ騎士団の影…。第四帝国復興のための行方不明の財宝を捜し、若き米陸軍中尉であり美術史学者のホーンが大活躍!ミステリー・ノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 情報将校のあいだの噂では、アイゼンハワー将軍がIGファルベンの施設を爆撃させなかったのは、司令部に使いたかったからだといわれている。隣接する捕虜収容所に連合軍兵士数千人が収容されていたことも、爆撃機がそこを見逃した理由だったかもしれない

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする