ジェイとレイ ふたりはひとり!?

制作 : 田中 奈津子 
  • 講談社
4.25
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062159760

作品紹介・あらすじ

ジェイとレイは、見た目がそっくりのふたごの兄弟です。二人はとても仲よしですが、いつもどちらかと間違われることや、ふたごの片方、としてしか見られないことがイヤで、おそろいの服装も二年生になってすぐにやめました。そんな二人の家族が引っ越しをして、六年生の新学期から二人は転校をします。そして、その一日目、レイが熱を出してしまい、ジェイはだれも知らない小学校に一人だけで登校することに。…これは使えそうです。けっこう。きっと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2015-04-12)

  • 2013/08/09

  • 子供の為に読んでみた。

    双子ならではの悩みから
    思いついたことを実践する
    ジェイとレイ

    周りはたいしたことないと思ってても
    きっとすごい大きな悩みなんだろうなって思った。

    もちろん児童文学なんでさらりと読めました。

  • クレメンツの邦訳作品には、はずれがありません。
    これもその1冊。
    ジェイとレイは双子であることにうんざりしています。
    そんなある時、転校してみると、1人分しか学籍がなかったので、2人はかわりばんこに登校してみることにします。
    もちろんそんな生活はすぐに破綻をきたすのですが。。。
    設定に無理がないのでお話に入りやすく、ハラハラドキドキも絶妙です。

  • いつも2人でひとくくりにされる双子ジェイとレイ。学校が転校書類を紛失してしまったことをいいことに悪巧みをする。似ているようで似ていない別人格だと気づく。

  • 長めの本だったけど、最後まで読んでみたら、すごく面白かったです。
    1日交代で学校に行くことを、考えついて1人は休めたまでは良かったけれど、そのせいで、自分が悲しい思いをする事になるなら、やらなければ良かったと、自分なら思います。

  • 6年生の図書委員さんがすすめてくれた。
    うん、おもしろかったよー。

    選書会で、子どもたちが選んだ本。

  • 『~と~、ふたりは~!?』と言ったら、『ウィルとグレイス、ふたりは友達!?』

    いやいや。
    久しぶりに、こういう文体(口調?)の本を読んだ。
    まるでお話ししてもらっているよう。
    やさしい気持ちになる。

    それぞれのアイデンティティ。
    双子だということを見破った友達がステキ。

  • 瓜二つの上、名前もよく似ているジェイとレイ。転校先の手違いで、ジェイ一人しかいないことにされていた。もちろん間違いを指摘することもできたが、二人は一人として交代で学校に行くことを思いついた。いつも二人セットで見られていたのが、「自分ひとりの自分」になれる、絶好の機会! 初めのうちはうまくいったものの、段々ややこしくなってきて、ついに最大のピンチが!
    ドキドキしながら二人を応援したくなる物語。

全9件中 1 - 9件を表示

アンドリュー・クレメンツの作品

ツイートする