愛されたがり屋の韓国人-「恋愛の法則」で深韓流がわかる

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062160056

作品紹介・あらすじ

日本在住20年、アラフォー韓国人教授が赤裸々につづる「美しくなりたい執念」「愛への執着」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • センセイの研究が国際的都市システム論で、貿易や経済活動は国と国との関係でとらえがちだが、都市と都市との関係に着目したところ、国境を越える都市と都市との結びつきに関する資料が少なくフィールドワークの地理学の研究が重要であるとのこと。釜山に生まれたセンセイが釜山と福岡、北九州、下関の連携関係をテーマに研究をしてきたことが興味深いです。それが、韓国の大衆文化を説明する際の説得ある文章の根底にあることを感じます。

  • 韓国人と日本人。
    外見は似てるけど、中身はまったく違う。
    足して2つで割ったらいいかもね。

全2件中 1 - 2件を表示

パクチョンヒョンの作品

愛されたがり屋の韓国人-「恋愛の法則」で深韓流がわかるを本棚に登録しているひと

ツイートする