雨に添う鬼 武市と以蔵

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (4)
  • (13)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161688

作品紹介・あらすじ

武市は勤王のために愛弟子を鬼に変えた。以蔵は師に認められたい一心で次々と人を斬った。師弟愛を踏みはずした先に待つものは-。幕末に散った「人斬り以蔵」の真実。傑作歴史長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武市先輩と似蔵のイメージしかなく、大河の佐藤健くんの以蔵の評判の良さを聞いて気になっていたので。

    武市半平太と岡田以蔵が出会って、それぞれ刑死するまでのお話。

    うーん。
    これはもういっそ恋なんじゃないかと思うほどの、
    激しい師弟愛でしたよ。

    以蔵の盲目的なまでの武市への思慕は、報われなさすぎてひたすらかわいそうだったし、

    そんな以蔵を重荷に思いながらもやっぱり愛おしくて、でも国への憂慮と比べれば二の次だった、
    そういう武市さんの言葉が足りなかったが故に、ふたりともに悲しい最期でした。

    この以蔵を見ていて、
    いくら雄藩の士だからといって、倒幕やら攘夷やら、誰もが思想を持てたはずないよなぁ、と初めて思い至った。

    下手に傾倒してわかった気で偉そうにしてるやつより、
    わからないまま不器用に一途に剣の道に進みたがった以蔵の方が好ましいと思うのは、あたしが平和な時代に生まれ育った女子だからかもしれないけど。

    生まれた時代と国が合わなかったんだろうと思えば余計切ない。

    そう思えば、同じく思想を持たなかっただろう沖田さんの生涯は、幸せな方だったんじゃないかなぁと思ってみる。

    内容が、ほぼ愛憎劇なのでまたもや女子向けだろうとは思うけど、
    表紙から想起されるほど腐っていないので、

    何よりこの表紙は失敗だったんじゃないかと思いました。

  • 岡田以蔵に興味をもち、関連の本を探していたら秋山さんが出しているではありませんか!彼女の小説でこのふたりを読める方がうれしくて表紙のことはあまり気になりませんでした(といってもこの表紙は難ありだと思います)。

    以蔵の報われなさといったら!
    最後の数ページ、文字が霞んで見えないほど泣きました。以蔵はそれはもう狂気を感じるほどに武市に一途で健気で、重くて疎くて、とても愚かでとても可愛らしい。武市からもらった一通のお手紙を大事に大事にしてる姿は滑稽なまでに愛しいです。以蔵のことを的確に見据えて武市の痛いところをついてくる龍馬はさすがだなあと思います。
    以蔵が最後にみた夢で号泣でした。やるせなくて仕方ないです。よくやったよ、頑張ったと褒めてあげたくなります。

  • 内容だけなら☆5でもいいくらいだけど

    BLみたいなこの表紙が、本当に酷い。

  • 半平太と、以蔵の、出会いから最期を描いた話。

    大学の時、「お~い竜馬」を全巻そろえ熟読し大いに盛り上がり、休みを利用して今の夫とともに縁の地を巡りまくったわたしは
    大の半平太さん好きであります。
    (もちろん、竜馬が一番魅力ある人物であることはいうまでもありません。)

    非常に読みやすく、没頭できます。
    緊張の場面では息をのみ周りが無音になる気が。
    声かけられてハッと気づくくらい。


    母を慕う子のように一途過ぎた以蔵。
    互いにもっと言葉を交わしていたらと思う。

    いや、それだけでは足りなかったんだろうな。
    半平太さんは胸の内では気づいていた。
    ただ時代の波が大きすぎ忙殺され見えなくしていた。

    所業と風貌にはちっとも似つかわしくないけれど
    かわいそう。いじらしい。
    不器用で一途で。

    最後に見た夢の中で、せめて本当のことを、教えてあげたかった。
    「よくやった」と言ってあげたいと思う。

  • 思ってたよりは良かったんだけど・・・表紙がちょっと・・・。

  • これは、読後に胸が痛くなるようなお話でした。

    以蔵ー!
    と、号泣しながら叫びたくなる。
    そんな以蔵と武市せんせのお話。

    武市せんせ好きには、余りオススメできないかも。
    以蔵好きには、とってもオススメです。

  • 表紙と帯が、作品を台無しにしすぎている。
    こんなにもったいないものは無いと思いました。。。

    『新選組藤堂平助』と一緒に読むとかなり楽しいです。
    二人が京の町中で対峙する場面。
    平助は以蔵を危険だと警戒するも、以蔵の本心は・・・

    秋山香乃さんの作品は、とある事件の裏ではこんな人がこんな事を思っていた・・・というのを見れるので、読み甲斐があります。

  • 土佐出身の武市と以蔵、高知出身のくせに全然しらないなぁと手にとってみた。
    二人の言葉足らずな感じにもだもだ、やっぱ気持ちは言葉にはっきり出さないと通じないと痛感。
    またちょこちょこ知ってる名前が出てきて嬉しかった。
    龍馬とも交流あったんだぁ、やっぱ同じ土佐出身やもんなぁ(笑)
    セリフが土佐弁で書かれてたのも嬉しい。
    武市と以蔵とか、名前ぐらいしか知らなかったから、勉強になってよかった。
    しかし、表紙…(笑)
    手に取って、え!?ってなってしまった…(笑)
    まぁ確かに、あの好きっぷりはぽいものもあるけども(笑)、せっかくいい物語なんだからもうちょい装丁考えてほしかったなぁ(笑)

  • 不勉強で、岡田以蔵、武市半平太共に名前位しか知らなかったのだが、この本を読んで幕末有名人たちとの繋がりに驚いた。特に坂本龍馬。
    藤堂平助も登場し以蔵と切り結んでいるが、強く人としても大きい姿が嬉しい。

    物語自体は救いが無く痛々しいが、以蔵の辞世『君がため、尽くす心は、水の泡、消えにしあとは、澄みわたる空』が効いている。

  • 2011.09.06


    武市と以蔵のお話。自分を見つけてくれた武市を慕い、人斬りになったが、人を斬れば斬るほどに嫌われてゆく。以蔵がかわいそすぎて…坂本も以蔵のことを理解し、その中から助けようとしたが、以蔵は武市から離れられず。うまく伝えられなかった胸のうちからすれ違い、死してゆく。歴史にもしはないけれど、考えてしまう。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『龍が哭く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山香乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする