死ねばいいのに

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (245)
  • (617)
  • (593)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4282
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「渡来健也」「鹿島亜佐美」のような心のキレイな人間がいるのだろうか。
    いや、実際には存在しないからこそ、常に自分のことしか考えず、不平不満ばかり言い、うまくいかないのは全て周りのせいにして、
    自分が変わろうとしない大人たちへ著者からの苦言的メッセージなのではないだろうかと感じた。

  • 京極夏彦さん 初めて読みます
    三人目まで読んだ

    ずーっとキチガイに絡まれているような気分にさせられて、読んでて辛くなったのでちょっと小休止
    誰でもちょっぴり持っていそうな心の疾しい部分をオーバーに採り上げて、話の本筋から離れた屁理屈のオンパレードって感じ
    最後まで読むと何かスッキリ話がまとまるのかな?

    死ねばいいのにっていう言葉自体も新鮮味がないし、わざわざ行間空けて決め台詞にする意味もよく分かんないです。
    喪黒福造みたいな話が書きたかったのかなぁ?

  • ダークで良かった。

  • 京極さんの作品の中で一番愛おしい殺人者。

  • 図書館で借りた本。

    すごいタイトルだと思いながら、読み始めた。

    最後の感想は、そういう事かぁ~(*_*)
    でした。
    夢中になって、あっという間に読めました。

  • タイトルが印象的。
    被害者と共通点がある人間に会い、被害者自身について聞いてまわる青年。
    しかし、関係者は自分の不満や怒りや逃避ばかりを口にする。そうしてそれだけイヤなら「死ねばいいのに」とあっさりいってのける。そこまで言うなら希望もなにもないのなら死ぬしかないという。青年は相手の痛いところ、核心を見抜き容赦なくそこを突いてくる。
    どんな人間でも生きようと自分なりに逃げ道やいいわけを塗りたくってごまかしごまかしやっているが、たまにそうでもない人もいた。という話。

  • 一番私の心に影響を与えた本で、
    一番多く読んだ本。

  • 初めて読んだ京極夏彦の作品!!渡来さんのキャラクターいいですね。人間はみんなそれぞれ辛いんだな。

  • よくあるミステリーサスペンスものだと思っていたら最後でグッとホラーに引き込まれた。

  • 目をそらせないタイトルに、思わず手が伸びた。京極作品は小難しそうで避けていたけれど、今回初めて読む気が起きたのは、転職活動が捗らず苛々していたせいかもしれない。
    偶然か、この作品に登場する人々も自分の社会的地位や境遇を嘆いている人ばかりだった。訊く方聞かれる方、両者にとても共感した。
    メインの殺された女性の謎は私にはよく分からなかった。

  • アサミが死んだ。ある日突然男が訪ねていた。アサミの友達でもなく、彼氏でもなく、ただの“知り合い”という男が、アサミのことを知りたいと訊く。

    章のタイトルが「一人目」「二人目」「三人目」。本のタイトルだけを読むと、どんどん死んでいくのかと思ったけど、そうじゃなかった。人のエゴがえぐり出されるような、あいかわらずのあとあじの悪さ。描写もなにもなく、会話だけで物語が進んでいく。でも、うまい。さすがの京極節。

  • 面白かったー。久々の京極節で、地の文に慣れるまでちょっと時間かかったけど、乗ってくるとこのモノローグと会話の行き来が心地いい。
    論理展開はさすがで、ついていけなくなりそうになるたびに自分の脳の霞っぷりが悲しくなった。ただ、誰もが他者を自分の世界にすまわせていることは実感できて、私自身も気をつけなければならないし、でもそういう人を責めたって仕方ないことも改めて胸に刻めた。
    判断も実行もぜんぶ自分。そして他者もそもそもそうやって「判断して実行した自分」。他者と向き合うのは、自分と向き合うことから。

  • 不穏なタイトル。だけど、決めセリフのようにケンヤが言う「死ねばいいのに」は生き方の本質をついているように感じた。

    言い訳ばっかで、悪いのはヒトのせい。アサミについて知りたいのに俺がたりばっか。ドッキリさせられっぱなし。で、ある。

  • あまりポジティブな内容ではないけど、淡々としていて、読みやすいです。
    ここって面白かった!てゆーよりはテンポよく読めてスッキリとゆー感覚だったんですが、あとで思い返す台詞があったり、、読んでよかったなぁと思えました。

  • 当たり前の事を言っている奴が、もっとも異常だった話。
    タイトルの意味が世間で使われている“希望”とは違って、
    選択肢の方だったのか、と…。
    ミステリーでもホラーでもない奇妙な小説。
    ルポ形式が一番近いのかな。

    出てくる話はどれも当たり前というか、
    よくある事な気がしてくる不思議。

  • 読了後の空っぽ感は異常、クセになる

  • 最終章までは読み辛くて、もう読むのやめようかと途中で何度も思いました。
    殺人事件の被害者について、被害者の知り合いだという男が話を聞きに行くという対話形式で、一章につき一人。悉くエゴイスティックで気持ち悪くなりました。
    男の話し方もイラッときます。たまにこういう話し方する人いるけど、活字になってると更にウザさ倍増。

    最終章では被害者が何故死んだのが分かって、なるほどね!と思える。理由はかなしすぎますが。
    あんなに読むのが気持ち悪かったのは、普段誤魔化してるじぶんの内面を指摘されてるような気がするからかもしれないなと思いました。

  • フラフラ定食につかず過ごしている青年ケンヤが、死んでしまったアサミがどういった人物かを関係者に聞きまわる話。その話の中で、関係者達のかかえる憂鬱や苦心がさらけだされていく。

    今まで自分が読んだ中でも、新しいスタイルだったなと思います。愚直なケンヤが、話している人達がいつも心の奥に置いて気付かないふりをしている心の闇や自分の嫌な部分、ごまかしている部分をさらけだしてしまいます。正直読んでいて、ケンヤと話している相手の方を応援する立場になってしまいました。それが出来れば苦労しないよってね。1人目から6人目まで出てきましたが、それぞれ違った角度の人間の醜い部分がひっぱりでてきます。読んでてちょっと目をそむけたくなって心苦しくなります。ケンヤ君それは言わないであげて的な。みんな自分でも分かっちゃいるんだよってね。

  • す・・・すげぇ・・・

  • 初めての京極作品。京極夏彦といえば「魍魎の箱」や「百鬼夜行」のイメージだが、まずはこの本から手をつけてみようと思ったのがきっかけだった。すーっと心に入ってくるようで、ちょっとモヤモヤとする不思議な作品に、少し恩田陸と似たものを感じた。

全767件中 181 - 200件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

死ねばいいのにのその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする