死ねばいいのに

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (245)
  • (617)
  • (593)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4282
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学
    ミステリ

  • 殺害されたアサミの関係者達を、ケンヤというプータローがアサミのことを聞いてまわるという構成。

    ケンヤはアサミのことを知りたいのに、関係者は自分のおかれてる境遇、不合理なことなど、愚痴ばかり。

    そんな関係者達にケンヤは、独自の価値観で切り捨てていく。

    人はどうして価値観を押しつけようとするのか?
    人はどうしてわがままなのか?
    人はどうして枠に嵌めたがるのか?
    常識、非常識。
    真実はなにか?

    不条理な世の中で生きる現代人の中で、ケンヤのような生き方はある意味羨ましくもあるが、肯定もできない。

    しかし、いろいろ考えさせられる事が多かった。

  • 不幸とはなんだろう。幸せとはなんだろう。
    思いやりとは?優しさとは?
    世間とは?自分とは?
    少しは自分の頭で考えろ。

    そういうお話だと思います。

  • 相手にばかり期待して、正論を振りかざす生き方はしんどいだけなんだと思いました。

    こう見えて(どう見える?)我が家の面々は結構真面目に生きてきたので、なんだかグサグサ刺さることばかりのお話だったよ。

    またいつか再読して、心の戒めにしよう。
    うん。

    相手は変えられないけれど、自分は変われるし…ね。
    過去はかえられないけれど、未来は選べるし…ね。

  • 鹿島亜佐美が死んだ。もとい、殺された。ワタライケンヤは亜佐美の関係者のもとへ出向き、亜佐美の話を聞いていく。派遣先の上司、マンションの隣人、母親、彼氏……。ところが誰もが亜佐美のことを語ろうとして、自分のことを語りだす。
    「死ねばいいのに」そうケンヤに言われた人々は何を思い、どういった行動に出るのか。

  • 犯人は、最初から分かった。
    多分、『死ねばいいのに』って言ったら『そうだね』って言ったから殺した、っていう経緯だろうな、とも思った。
    けど、他の人たちとは全然違った。
    そこには気づけなかった。
    結局、アサミのことは分からないままだ。

  • 人殺しが被害者の関係者に説教して回る話。
    渡来の喋り方が好きじゃない、、

    最後にアサミが笑ってたって所だけちょっとゾワっとした。

    でもまあ、結局アサミはとんだドMで渡来はエセS男だったのねという感想!

  • 出だしから最後まで面白くなかった
    小説はこういうのがあるから苦手

  • これもまたカテゴリ分けに悩んだ作品。正直、誰が亜佐美を殺したのかは、ちょっと読みなれた人ならば見当がついてしまうので、これはミステリとは言えないのかな…でもホラーというほどゾッとしなかったし(ウンザリはしたけど)。

    著者の『厭な小説』と似ている感じ。亜佐美がどういう人だったか聞いて回る渡来健也という若者。しかし、どの相手も話すのは結局自分のことばかり。家族とうまくいってない中年男性、派遣切りに遭った女性、組織の末端で鬱屈しているチンピラ、一番悲しんでいるはずの亜佐美の母親、情報提供者として健也と対峙する警官…それぞれが本当に自分のことばかり考えている。亜佐美のことを考えはじめても、結局は自分の不遇さに突き当り、不満をぶちまける。

    そんな彼らに健也は言う「死ねばいいのに」と。

    なんというか…誰もが壁に突き当り、悩み、周りのせいにしがちな心境を目の前に突きつけてくるので、嫌なんですね。読後もなんか周りが薄暗く感じるような怖さはあるかな。

  • 殺人事件の被害者・アサミのことを教えて欲しいという男が彼女の関係者訪ねてくる.会社の上司,隣人,母親,情夫,事件の担当刑事.男が尋ねる先々で人に醜さと人間らしさが露わになる.
    男はアサミと殆ど他人同然の関係であるにも関わらず,なぜアサミの関係者を訪問するのか.その動機がミステリィ.

  • まあ、話の流れは悪くない。だけど、この作者の調子が他のタイトルでもこんなんなら二度と読まないw頭悪いくらいに屁理屈なだけで納得感がないしなにより「レヴェル」って単語がキモいwwヨガリ作家が前面に出過ぎて無理www

  • わたしの中の京極さんのイメージは幽霊怪談。
    なんですけど、このお話、幽霊は出てこないし、怪談集でもないんですね。
    京極さんの本は読むの初めてだったんだけど、これ、チョイス間違えました?笑

    決め台詞のようにあさみの関係者に「死ねばいいのに」ってサラッと言い放つんですけど、こいつめちゃくちゃ土足で人の神経逆撫でしてるような会話しに来てるのに、相手はやりとりして行くうちに段々反論出来なくなっちゃうんですね。
    結局ワタライくんは、あさみちゃんの何だったんですかね。

  • 終始ぞんざいな渡来の口調と上から目線がイライラした

  • 京極堂は「この世に面白くない本などない」と言い、弔堂は「書物はすべて墓標である」と云う。

    この本は誰のための墓標なのだろう。
    私にとってこの本は、「京極夏彦が書いた本」だ。脳裏で指貫グローブをはめた御大が、彼の妖怪と書物に埋め尽くされた部屋で、綴る物語。
    伝えたいこと、落とされる憑物、まだ見ぬ誰かの中に立ち上るもの。
    私が断言できるのは、「京極初心者にこの本を勧めることはお薦めできない」
    西尾維新のニンギョウがニンギョウ、伊坂幸太郎のあるキングのように、作家を含めて完成する作品というものもあるのだろう。

  • なんか自分勝手な、渡会に言わせると死ねばいいのに的な人達が次々出てきて、精神的に疲れた。ので途中、ほかの本を読んでしまった私。
    結局最後のこの終わり方はなんかスッキリしないというか、よくわからなかった。

  • まるで知的好奇心を揺さぶられる論文のようだった(この表現が伝わる人は多くなさそうだけど、わかる人にはわかる気がする)。高校生や大学生の頃に読んでいたら、きっと興奮してまわりに話していただろうな、と思う。

  • タイトルに惹かれて読んでみたけど、長ったらしいし途中でオチがわかってがっかりした。同じ作者の他の作品を読むか迷う。

  • 一人目はしっくりきたが、残りの話はこじつけのような感じがして余り腑に落ちませんでした。
    死ねばいいのに、とまで言われなきゃいけないことかなあ。

  • 面白い!!主人公の、なんだろう、この、新人類な感じ。

  • 題名に惹かれて読んで見ましたが全くの期待はずれ。主人公の渡来が、とにかくウザイ。最初から最後までウザイ。ラストのオチに期待して我慢して読みましたがオチも想定内どころか想定以下。ただただ主人公が人の揚げ足を取ってる印象しか受けませんでした。揚げ足の取り方も一休さんのように愛嬌のあるものではなく、人を腹立たせるだけの方法で最後までイライラしながら読みました。

全767件中 81 - 100件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

死ねばいいのにのその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする