死ねばいいのに

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (245)
  • (617)
  • (593)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4282
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の、「六人目。」までは、苦しいながらもスッキリ出来ていたけど、ちょっと納得いかない結末だったかも。

  • びっくりなタイトルがまるで印籠。1章ごとのどんでん返しにびっくりというか、ある意味スッキリする前半と、感覚的にぞわっとくる後半。
    もし主人公のような若い人がリアルに増えてたら…未来が恐い。

  • アサミはどんなヤツだったのかー殺された女の事を、生前関係のあった人間達に聞いて回る「事件の関係者」、ケンヤ。それぞれの人間達の口からは最初は建て前が、そして徐々に本音がこぼれ出ていく。人間の後ろ暗い部分にも色々種類があって、黒色の様々なグラデーションを見せられているよう。ケンヤの飄々とした態度のせいで読んでいて不快にはならない。巧くまとまっている一冊。

  • ならさ、
    ―――死ねばいいのに


    何者かに殺されたアサミ。
    ケンジは、アサミが生前に話していた隣人や派遣先の社員などに、アサミがどんな人間だったのかを聞いて回った。

    「死ねばいいのに」と思うキャラクターばかり出てくる。「死ねばいいのに」という読者の思いを代弁するように、ケンジは「死ねばいいのに」と相手の甘えを糾弾する。そうして、少しずつアサミが何者で、この殺人事件がどのようなものだったのかがわかっていく。

    ケンジが某憑き物落としのようだと思ったんです。色々なものに縛られて、行き詰まって、どうしようもない人間のもとに現れては、愚直に彼らの現状を見つめなおさせるという。



    まさか、ケンジこそが憑き物つきだとは、思わないじゃないですか。

  • 久しぶりに京極さんの本を読む。(10年ほど前に京極堂シリーズを読み漁って以来)
    なんと形容すれば良いか分からないが、自分的には面白かった。

  • 真実は作られる。受け手の数だけ真実はある。このタイトルを手に取る時にちょっとやましい感じがした自分に苦笑い。

  • やっぱり上手いなぁ!
    インパクトのあり過ぎるタイトルに負けない小説だった。
    中盤は同じ展開が続くなと少々飽きかけたのだけど、くるっとひっくり返されてラストの章へ。
    その流れが良かった。
    皮肉な結びにも納得してしまった。

  • まずタイトルがえぐい。死ねばいいのになどと軽く思ったりも出来ない危ない言葉なのだが、主人公はいとも簡単に言い放つ。小説の形式もちょっと変わっているのだが、仕掛けには割と早い時点で気がついてしまったがそれでも主人公と殺されたアサミちゃんの関係者とのコミュニケーションの中からあぶり出される人間の身勝手さが面白い。でもその身勝手と思われる話が一つ一つ読む人間に対して著者がお前はどうだ?と問いかけているような気がする。期待しないで読んだがなかなかの作品でした。

  • たまに飛ばしながらの読了。

  • 著者らしさと現代的な感覚が合わさった作。結末の寂寥感がよい。しかし、やはり全員理屈っぽいのは違和感がある。

  • こわ…
    アサミのいない場所で、アサミを取り巻いていた人たちの毒がすごいことすごいこと。
    そして暗いこと暗いこと。
    結局ケンヤは何者だったんだろう。
    死にたい〜ってギャグで言うことはあっても、
    死ねばいいのに、とは言えない。
    死んでいいことなんて、一つもない。
    と、今は思う。

  • ある女性が殺され、主人公がその女性の関係者に何か知っていることはないかと尋き回る。上司も隣人も恋人も母親も刑事も不満の多い生活を送っているという自分の話ばかりする。そこで主人公は題名の言葉を投げかける。課題本でなければ手にとることもなかったジャンルの本。

  • ダ・ヴィンチ プラチナ本 2010年7月号

  • 私もそう思う。

  • なんとも言えない、あと味が残る作品。小説の形式もすごく変わっていて最初は戸惑ったが、途中からはグイグイ読み進められた。

  • タイトルから想像していたのとは内容は違ったけれど、会話と心情の書きわけ方が面白かった。
    ラストはちょっとびっくり。

  • 高校生の時に教室で読んでいて、みんなに驚かれた。そのくらいインパクトのある題名・・・2日くらいかけて一気に読んだけれど、内容は把握できなかった、という感想。もう一度読まなければと思っています。

  • スカッとした。

  • 面白く読ませてもらいました。

  • 考えを持てなかった。

全767件中 101 - 120件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

死ねばいいのにのその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする