死ねばいいのに

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (245)
  • (617)
  • (593)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4283
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わってようやく題名の真意に気づきました。

  • とりあえず、ビックリするのは京極夏彦らしからぬ
    文字の少なさ(笑)
    あれだけ文字を詰め込んでヘリクツ(笑)を捏ねてた人間と
    同じ作品とは思えない(笑)


    なんていうか、そうは言っても京極らしいな、と思うのは
    『死ねばいいのに』の式のスイッチから
    殺人に発展する、ってあたりがファンタジックになりがちなのに
    そこを敢えて超理性的に話をすすめるトコ、と言うか。



    なにがいいたいかと言うと、
    渡来は最初から最後まで理性的に描かれているにもかかわらず、
    結局その『死ねばいいのに』に取り込まれてしまったんだな、と言うか。
    京極風に言えば、「取り憑かれた」というか(笑)
    でも、そういうことは言わずにあくまで自分でやった、と言いきる。



    これを読んでて、一瞬東野圭吾にも似てるんだけど
    違うのは人情とか、感情とかそういうものではなく、
    ただただ人間の建前やら、自己満足やら自分や他人への言い訳やら
    無意識に使ってしまいがちな偽善的なものを
    最初から最後まで「悪」として突き通して描いてるトコロかな。



    京極特有のちょっと「嫌な気分」が残ります(笑)


    個人的な見方しては、
    やっぱり渡来は「殺させられた」と思うんだけど、
    (だって、ほんとうに幸せだったとして、
    亜佐美が普通の精神状態だったとしたら、
    「本能として」死ぬことは嫌だと思うはずなんだよね。
    それをしなかったってことはやっぱりどこか壊れてたんだと。)
    作者的にはどうなんだろう。



    まー、新たな可能性を見出した作品だったな。

  • 一人の派遣社員の女性が何者かに殺害された。そして突然亡くなった女性のことを教えてくれと無礼な態度や口振りでしつこく尋ねてくる20代の男が現れた。派遣された先の上司、隣人の女性、彼氏、母親、次々と尋ねていった先で少しずつ女性の境遇が明らかになっていく。彼は自分で頭が悪いと言い、謝る。けれど彼の場合は頭が悪いというのとは違う、物の見方が人と違っているだけだ。だからこそ、相手の話をよく聞いていて惑わされずにズバっと言えるのだろう。殺された女性も不思議な女性だったけど、彼もどんな生活を送ってきたのか気になった。

  • あまりにも人間の醜い部分をついてて、読んでて気分が悪くなった。主人公の前では自分もこんな感じになってしまうんだろうな…と感じてしまったからか。色々な不満を抱えている自分には、あまりにも衝撃的すぎた。頑張ろう。

  • 改めて、読ませる作家だと思った。ラストでほっとしたと言うか納得したと言うか…。
    主人公は頭悪くないと思うんだけど。

  • ケンヤ君いい事言うんだけど、彼自身に中身がなさすぎますね。
    最後の方で少し感情が見えたときは少し嬉しかったです。

  • 一人の男が、殺された女の知り合いにその女のことを聞きにいくのですが、みんな心に何かを抱えていて、聞き出せません。

    こんなんしゃなかった。でも、今さらどうしろと?どうしようもできない。

    それを聞いた男が、一言、死ねばいいのにというわけて、そんな話が何話か続きます。

    私にとっては途中で先がわかってしまい、高い評価ができないです。

  • 面白かった。さすが京極、上手ね。
    主人公は、仕事で私が目指してる態度に近くて好き。
    偉い人に怯まず持ち上げず、
    いい言葉を投げて話に引き込む。
    ん、仕事に活かすのは反則なのかな。

  • 自分が殺した女性の事を犯人が聴いて周るのという話し。
    誰もが自分の不幸な話しかせず、そんなに辛いのなら「死ねばいいのに」と言って周ります。「そう思う」って犯人に共感できるところもいくつかありました。

  • うーん……

  • 「死ねばいいのに」 この一言が、どれほどまでの意味を持つのだろうか。 読み終わった後、言葉を失った。

  • 題名からしててっきり、オドロオドロしいサイコホラーかと思ったら違った。
    1人の女性が亡くなって、その女性の関係者にある青年が「彼女はどんな人だったのか?」と質問していく。彼女はどんな人かと聞かれているのに、愚痴を吐く人々。誰も殺された女性を憂う者はおらず、それにあきれた青年がぼそっとつぶやくのである。「(そんなに不幸なら)死ねばいいのに」と。
    次々に女性の事件も明らかになり…、ミステリだと思わずに読んでいたからか面白かった。

  • 現代の”ソクラテスの弁明”的な話。ケンヤはソクラテス。

  • 一人の女性の死をめぐる6人の関係者のはなし。
    話が本筋からどんどんそれていく所はコメディっぽいし、深い影も感じられて「一人目」が一番良かった。
    「俺、頭わりーし・・・」と言っている渡来が語彙も豊富で頭の回転も速く、賢いとは本当はこういう人なのかもしれないと思った。
    結末にびっくりしたけど。
    初めての京極さん、もっと読みたい

  • 同じ人間でも色んなタイプの人間に見えるな、という感想。渡来健也の見方が一番面白い。

  • 『ならさーー死ねばいいのに。』
    死んだ女のことを教えてくれないか。
    突然現れた無礼な男の真意とは?

    ケンヤの放つ言葉はどこまでもザ•正論で、人の無自覚な心の奥に容赦無く爪を立て、突き落とす。
    明かされた真実に、読み終わってからじわじわヤられました。ぞわぞわ。

    あとタイトルの次に奇印象だったのがレヴェル。なぜに頑なにヴェ。

  •  京極を読み切ったの、七年ぶりですか。本屋でタイトル見て衝動的に買いました。
     死んだ女のことを尋ねて回る若い男の話。男と、死んだ女の「関係者」との対話で話が進んでいく。計六人。京極で舞台が現代のものってもしかして初めて読んだのかな。豆腐小僧は舞台、現代だったっけ?
     登場人物の口調の違い、考え方の違いが綺麗に文章で表現されてたと思う。で、ちゃんと京極らしい色も見えるからやっぱりうめぇなぁ、と。なんだろう、京極ってねっとりしてるんだよね、文章。で書いてるもののイメージからそれが和風のねっとり感。漢字の使い方、傍点の振り方、どれも昔のまま変わってなくてなんか嬉しかったです。
     タイトル「死ねばいいのに」が一つのキィワード。以下空白ネタばれ反転処理。
     何となく「ケンヤがアサミを殺した」のだろう、ってことは想像がつく。手にかけた理由が六人目のところで綺麗に収束して分かるっていうのがすごい。五人目のラストで「自白」しちゃったから、六人目はどんな話に持っていくんだろうと思ってたんだけど、いや、うめぇわ。
     抜粋。
    「君は人殺しだよ」

    11.03.03

  •  なんともひどいタイトルだな。iPad版電子書籍同時発売で話題となった本だけど、当然ぼくが読んだのはリアル版。
     つい先日は宮部みゆきの表現力に唸らされたばかりだが、別の意味で京極夏彦もすごいと思う。こちらは語り口のうまさというべきか。
     主人公の渡来健也が殺された鹿島亜佐美の知り合いに生前の話を聞いて回る話が連作になっている。それぞれの章はほとんどが会話文と話を聞かれる側の感想で成り立っていて、内容はつくりものっぽいのだけれど、会話体と相手の独白がすばらしくリアルでいかにも本物っぽくきこえておもしろい。描写力というか筆力というものだろう。
     のらりくらりとしたケンヤとの会話を通じて、それぞれの人間がいかに自己中心的で救い難いものであり、また口先だけの意気地なしであるかがあぶり出されてゆく。プーでニートのケンヤの方がよほどまともに思えてくるから不思議だ。だけど大多数の人間はひと皮むけばみんな同類なんじゃないか。もし、ぼくのところにケンヤが来てこんなふうに巧妙に誘導されたら、結局同じことになりそうでこわいけど(笑)。

  • いつものかんじと違った。京極夏彦のイメージ変わったかんじ。

    もっともなことを言ってくるので、確かになー。って思った。

  • 強烈なタイトルに惹かれて読んだ。

    楽しい!!っていうような内容の本ではないけど、
    面白い設定だと思う。


    こうなりたい、ああしたい、こうしたい…
    っていう願望とか欲望があるうちはきっと
    死っていう選択はしないんだろうな。。。。


    (図書館)

全767件中 161 - 180件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

死ねばいいのにのその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする