死ねばいいのに

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (245)
  • (617)
  • (593)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4282
レビュー : 767
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出だしから最後まで面白くなかった
    小説はこういうのがあるから苦手

  • タイトルに惹かれて読んでみたけど、長ったらしいし途中でオチがわかってがっかりした。同じ作者の他の作品を読むか迷う。

  • 題名に惹かれて読んで見ましたが全くの期待はずれ。主人公の渡来が、とにかくウザイ。最初から最後までウザイ。ラストのオチに期待して我慢して読みましたがオチも想定内どころか想定以下。ただただ主人公が人の揚げ足を取ってる印象しか受けませんでした。揚げ足の取り方も一休さんのように愛嬌のあるものではなく、人を腹立たせるだけの方法で最後までイライラしながら読みました。

  • ある女性が殺され、主人公がその女性の関係者に何か知っていることはないかと尋き回る。上司も隣人も恋人も母親も刑事も不満の多い生活を送っているという自分の話ばかりする。そこで主人公は題名の言葉を投げかける。課題本でなければ手にとることもなかったジャンルの本。

  • うぉお〜!!気持ち悪い!って感想のみ(笑)

  • 1話目の途中で嫌になって、最後まで読めませんでした。

  • タイトルのインパクト勝ち。思わず手に取ってしまった。
    百鬼夜行シリーズ以外の京極作品は初めて読みました。
    すごい。世の中の人が抱える鬱憤が一冊に凝縮したような本だった。
    殺人事件の被害者のことを関係者に尋ねて回る男、ケンヤ。
    ケンヤと話すうちにそれぞれの関係者たちの化けの皮がどんどん剥がれていって、人間の汚い部分がさらけ出されていく。
    それをケンヤがばっさり切り捨てて最後に「じゃあ死ねばいいのに」という捨て台詞を吐くのですが、とにかくこのケンヤの喋り方が不快。そんな物言いで例え正論を言っていても説得力ゼロ。妙に説教くさいしで痛快さは皆無でした。残念。

  • 文面が難しすぎる。

  • 後味が、悪すぎる・・・

  • 死んだ女のことを教えてくれないか―。無礼な男が突然現われ、私に尋ねる。私は一体、彼女の何を知っていたというのだろう。問いかけられた言葉に、暴かれる嘘、晒け出される業、浮かび上がる剥き出しの真実...。人は何のために生きるのか。この世に不思議なことなど何もない。ただ一つあるとすれば、それは ―。

    めちゃつまらない・・・。途中で飽きる。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

死ねばいいのにのその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする