フランス夢見ごこち

著者 :
  • 講談社
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062163460

作品紹介・あらすじ

20年以上もファッション誌のパリ支局長として活躍した著者が、選びに選んだ自分だけのお気に入りのフランス。最先端のファッション、カルチャーから、文化人たちがたむろした素敵なカルチェまで情報満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パリで20年間暮らした著者のエッセイ。
    ファッション誌の特派員として働いていた人なので、内容もおしゃれ。
    パリのファッションやモード、お洒落なお店や素敵なスポットを紹介しています。
    交友関係も有名デザイナーや女優さんなど登場して華やか。

    出てくるお店は結構高級な所が多くて、ハイクラスなパリ、といった雰囲気です。
    庶民には手が届きそうもないですが、ウットリため息をつきながら読みました。

    筆者を含め登場する人は、人との繋がりを丁寧に大切にしていて素敵だな、と感じました。
    手紙を書いたり、ラッピングを自分でしたり、初めてあった人の香水を作ったり…。

  • 雑誌フィガロで連載していたエッセイを
    いつも楽しみにしていた。

    しかしフィガロは月刊になってから
    恐ろしいほどつまらなくなったなあ…。

    それはともかくとして、こちら、
    パリのおしゃれな雰囲気が楽しめる一冊、なのだが。

    大好きなシャルロット・ゲンズブールがふと
    登場したりしてニヤついたり。

    フランスの文豪バルザックやプルーストのところは
    興味深く、読書欲がむくむく…

    香水好きのわたしとしては香りにまつわるお話も
    ふむふむと。

    でもその他
    まだ知られていない素敵なブランドや、
    凌ぎを削るショコラ業界や、
    コスチュームジュエリーへの造詣やら…
    このお店でしか食べられないなんとかかんとか…

    震災以降、その他色々あって
    チンマリチンマリ幸せに暮らしたくなっている私には

    へー、ほー、そっかそっか程度で
    ほとんど興味が抱けないんです。

    これは私の現在の精神状態によるもの、
    こちらの文章への正当な評価では無いですね。

    でもなんだか
    カフェとかで聞こえてくる隣の人の話、みたいに、
    耳に入ってくるので聞いているくらいの、感想。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

〈 村上香住子 (むらかみ・かすみこ) プロフィール 〉
20歳で渡仏。サイゴンにも暮らす。1974年よりフランス文学の翻訳をはじめる。
主な訳書に、ボリス・ヴィアン『ぼくはくたばりたくない』、アンリ・トロワイヤ『ドストエフスキー伝』『チューホフ伝』、
ヤン・アンドレア『デュラス、あなたは僕を(本当に)愛していたのですか。』など。
1985年に再び渡仏し、20年間パリに滞在、マガジンハウスやフィガロジャポンのパリ支局長として活躍。
帰国後、『パリ猫銀次、東京へ行く』『巴里ノート―「今」のパリをみつめつづけて』『そしてそれから』など刊行。
現在「フィガロ ジャポン」誌にて「猫ごころ パリごころ」連載中。
南三陸の仮設住宅に住む女性たちを支援する「アマ・プロジェクト」を立ち上げ、
ジェーン・バーキンなどフランスの友人たちの協力を得て活動している。
→ http://www.amaproject.jp/

「2016年 『パリ・スタイル 大人のパリガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上香住子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×