フェルナンド・トーレス 神に選ばれしストライカー

  • 講談社
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062163774

作品紹介・あらすじ

You'll never walk alone.
僕は1人じゃない

移籍早々にプレミアリーグの屈強なディフェンダーたちを震え上がらせ、リヴァプールのクラブ記録を塗り替えると、スペイン代表として出場したEUROでは決勝点を叩き込み欧州王座を手に入れた。唯一無二のストライカーが自らの半生を振り返る。

1984年3月にマドリードで生まれたフェルナンド・トーレスは、15歳でアトレティコ・マドリーとプロ契約を交わし、2年後にトップチーム・デビュー、19歳でキャプテンとなる。2007年7月、クラブ記録の移籍金でリヴァプールと契約。プレミアリーグ1年目で24得点を記録した。スペイン代表デビューは2003年で、以降、主力FWとして現在に到る。本書には、幼少期からの輝かしい実績のみならず、ファンとの絆や、普段の暮らしぶり、CM撮影の舞台裏……などなど、「神の子」と称されるトーレスのすべてが綴られている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  201510-31

  • フェルナンド・トーレスの成長を追った一冊。やっぱり強い選手っていうのは、常に進化し続けてるんだなあ。かっこいい。We'll Never Walk Alone.

  • これエルニーニョトーレスの日本語版かな?CWC前に読んでおこうかなー

  • トーレスのサッカーへの考え方やオフのすごし方が書かれている。
    モチベーションはあがる。

  • 表紙のトーレスと目が合って、気がついたら手にとっていた…。昔はリンゴのほっぺだったこの人の成長が嬉しいよ。かっこよくなったなぁ。あのゴールパフォーマンスを早く見たい。バモ!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1984年3月20日生まれ、スペイン・マドリード州フエンラブラダ出身のサッカー選手。186cm/78kg。ポジションはフォワード。ニックネームは、ElNino(エル・ニーニョ)。10歳のときにアトレティコ・マドリードの下部組織に入団し、2001年、17歳でトップデビューを果たす。2007年にリヴァプールFCに移籍すると、リーグ戦33試合で24ゴールを決め、世界的なストライカーとしての評価を不動のものとする。その後、チェルシーFCでは、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献。ACミランを経て、2015年古巣のアトレティコ・マドリードに復帰。2018年4月に退団を発表し、複数のチームが獲得合戦をするなか、同年7月からJリーグのサガン鳥栖に加入した。スペイン代表としては、UEFA欧州選手権2004からFIFAワールドカップ2014まで、6大会連続で出場。2008年の欧州選手権では決勝のドイツ戦で決勝ゴールを決め、スペイン史上初の優勝に貢献。2010年にはFIFAワールドカップで初優勝。連覇となった2012年の欧州選手権では大会得点王にも輝いた。代表通算110試合38ゴールは、同国史上3位。

「2019年 『フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フェルナンド・トーレスの作品

ツイートする
×