ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみよう

  • 講談社 (2010年11月26日発売)
3.32
  • (4)
  • (14)
  • (22)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :142
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062163972

作品紹介・あらすじ

「生きる意味って何ですか?」「どうすれば苦しみから解放されますか?」「日本人に足りないものは何ですか?」池上彰&若者たちがダライ・ラマ14世に聞いた50の質問。

ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみようの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チベットに行きたい。もっと寛容になりたい。お手本になる人が欲しい。

  • 大学生100人が池上彰さんと「生きる」とはどういうことか語り合うという機会があったことをこの本で知りました。チベット仏教の最高指導者ということで、どれほど敬虔深い方なんだろうと思っていましたが、講演の内容はとてもシンプルかつ分かりやすいです。そしてどの宗派の人もすばらしいし、無宗教でもかまわないという言葉からも、法王の寛容さとあたたかい人間性が伝わってきました。法王がダライラマ14世となった経緯もとても不思議で興味深かったです。まるで歴史の伝説のようでした。「本当の自分はない、さまざまなものがひとつになった全体が「自分」である」「死ぬ時期がくればうまく乗り越えられる」といった教えがとても印象的でした。「人生に保証はありません。でも大切な事はどんな信念を持って生きて行くかだと思います。」心に刻みます。

  • 日本の大学生を観衆にした講演録。一問一答形式で綴られます。内容は他の著作で語られていることと一貫しているので、既に類書をお読みの方には物足りないかも。ただエッセンスを知るには最適です。大学生にはここに留まらず、ここから出発して更に勉強していってほしいな。

  • わかりやすく面白い!父から勧められて読みました。
    内なる心の平和は考え方ひとつで変えられる。
    大切なのは、常に正直であり、真実であるということ、あなたが常にオープンであり、あるがままであれば、周りの人との信頼がうまれる。
    信頼がうまれると、本当の友情がうまれる。

    幸せにいきるとは?という問いに対するダライ・ラマさんの答えが心に響きました。

  • 世界のしあわせを祈ってくれる人がいることを感謝する

  • 池上彰氏が進行を務めたダライ・ラマ14世と日本の大学生の対話を書籍化したもの。「嫌なことを忘れるには」のような個人レベルから世界の格差問題まで幅広い問いまでをノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマ14世が答える。

    【本文の要約】
    タイトルにある「生きる意味」とは
    各々が幸せな人生を送ること。
    しかし、自身の幸せを願っていては幸せになれない。

    幸せな人生を送るには
    他人に対して慈悲と愛の精神を
    自身に対して忍耐の精神を持つことで
    心の平穏を保つこと必要。

    嫌いな人間に慈悲や愛を持って接するのは難しいが
    「相手も幸せな人生を送ろうともがいている同じ人間だ」
    と思うことで その道に近付くことができる。(もちろん長い道のりだという)

    国際社会の面でも同様で、自国の利益だけを重視した政策は争いの種になる。
    このグローバル社会の中では1国、1地域、個人では生きられない。
    他人の幸せを願うことが21世紀を成功させるために重要である。

    【印象的な言葉】
    嫌なことを忘れるには心の平穏が大切である。
    「これは些細な問題だ」と心を大きく持つことで
    この平穏を得る。

    「許す」とは忘れることではない。
    相手の存在を否定することでもなく
    心を開いて相手を受け入れること。
    そしてその記憶にまつわる負の感情のみを捨て
    自身を自由にすることが許すことである。

  • 法王の思考の根本には仏教があるが,とくに仏教に関して知識がなくても,理想はこうだな,と素直に思える答えを返していることに驚きます.

    特に仏教について興味がなくても,造詣が深くなくても,
    いろんな勉強をし,いろんな人と話し,いろんなことを考え,いろんな場所に行っているダライ・ラマ法王はどんなことを考えているのかな?
    という興味があれば,読むといいと思います.

    優しい内容で,一読して終わる人が多いかと思いますが,この本は何度も繰り返して読むことで分かるものがあると思います.
    私も何度か読むことで,心が穏やかになってきました.

  • とても面白い本です。若者の質問にダライ・ラマ法王が答える。
    9歳の男の子の質問で、『心はどこに、あるんですか?』って質問があったけど、俺、9歳の時こんな事考えた事もなかったなぁー
    そして、法王の答えが誰にでもわかるような答えであったことが素晴らしことでした。小学生低学年の感想文かよっ??おっ、小学生低学年の子供達に怒られるかな??ゴメン!ゴメン!

  • 私たちの精神的なよき変容というものも、少しずつしか求めることはできない。何事も時間がかかる。意味を知るためには勉強する、学ぶということが何よりも大切な要素となる。
    単純に考えれば、どんな人も、みな同じ人間。
    過去を考えず、未来を見てください。自分の考え方次第で状況は変わる。
    自分のネガティブな考え方を減らすことができれば、心の平和が増える。
    目の前のことだけを関gなえず、それらはすべてにつながっていると考える。

  • ダライラマ法王と
    日本の若者たちとの直接対話を
    池上氏が司会進行し、それをまとめた本。

    第一章:生きる
    第二章:愛について
    第三章:格差について
    第四章:怒りと許し
    第五章:信仰について
    第六章:ダライラマ法王について
    第七章:日本について
    第八章:世界のゆくえ

    21歳の大学生の問いについて
    人生の目的は、「幸せな人生」を
    生きる目的だと回答しています。
    幸せな人生を実践することが
    私たちの生きる目的です。
    では、幸せな人生とは?
    幸せな人生に必要なことは、
    常に正直であり、真実であるということです。
    オープンであり、あるがままであれば
    周りの人との信頼が生まれ、
    信頼が生まれると本当の友情が生まれると。。。

全23件中 1 - 10件を表示

ダライ・ラマ14世の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
池井戸 潤
三浦 しをん
村上 春樹
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみようはこんな本です

ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみようを本棚に登録しているひと

ツイートする