スミレ刑事の花咲く事件簿 知性の勝利

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (0)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164351

作品紹介・あらすじ

独身アラフォー、長身でスタイル抜群の伊原すみれ刑事。仕草もカッコよく、多くの女性のあこがれの的である。コンビを組む光矢射斗は二十代前半のいまどきのイケメンだが、超・宝塚オタクの男の子。事件と関係ない宝塚の話ばかりして、すみれをいつも困らせる。第一話は、ファミレスで一人食事中に救急車で運ばれた、ティーンズ誌の人気読者モデルの死の真相に、名(迷?)コンビが迫る。ほか、密室の自習室での殺人事件の犯人とトリックを二人が暴く、第二話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なぜこの本を読んでみようと思ったのか。
    さらっと読めるが内容もサラッとしている。

  • (収録作品)危険な賭けと恋心/逆転推理 探る真実

  • 軽い感じで読みやすいけど読み終えたら即内容を忘れるタイプの小説。シリーズになってるわりにこの薄さは謎。

  • 宝塚ネタが満載で面白かったです。

    私はファンというほどではないですが、

    友達がファンで、ビデオやDVDを貸してもらったこともあるので、

    面白いと思いながら読ませていただきました。

    でも、わからない人も多いのではないかと思います。

    途中、逆転裁判とか出てきたし・・・。

    話としては、正直いまいちですが、

    登場人物が魅力的なのでそちらでカバーかな。

    水さんが主演で舞台とドラマをするようで、

    ドラマなら見たいなぁ・・・

    と思いますが、CSなので見れない・・・。

  • 20110515
    独身アラフォー、長身でスタイル抜群の伊原すみれ刑事と、
    20代前半のイケメンで超宝塚オタクの光矢射斗刑事。

    トリックと軽妙な会話が面白かったです。
    犯人を捕まえるときは黒燕尾服風のジャケットで、
    なんらかの階段の前というパターン。
    シリーズ化には良さそうね。

    スミレ刑事のカリスマ性がわかりづらかったかなぁ。
    そんなわけであんまりしっくりこなかったけど、
    続編に期待しようと思います。

    目次
    第一話:危険な賭けと恋心
    ーお昼下がりのレディーストーク
    第二話:逆転推理 探る真実
    ーお昼下がりのレディーストーク


    ファミレスで一人食事中に救急車で運ばれた、
    ティーンズ雑誌の人気読者モデルの死の真相は。


    駅前自習室の密室空間で起きた絞殺事件。
    トリックと犯人は?

  • 自分的には嫌いではありません。ただ身内ウケのネタだけでなく、宝塚をみたことの無い人にも興味を持ってもらえるようにがんばってほしいです。あと3冊と舞台&ドラマに期待します。(十分乗せられている気分です)

  • すみれ、39歳。職業、刑事。
    後輩を引き連れ、きょうも事件を解決する!

    か、軽い…。軽すぎた…。(ノリが)
    ミステリのネタ的に悪くはないんだが。
    「いや超かっこいいっす!歩道の段差に片足を乗せてるあたりが、俺の宝塚ココロをくすぐるっす!ちょっと、写メ撮ってもいいっすか?」

全7件中 1 - 7件を表示

石平ひかりの作品

ツイートする
×