ツイッターってラジオだ! ~ナンバーワンツイッター番組のパーソナリティがつぶやくあなたの味方を増やす59の方法~

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (8)
  • (20)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 144
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164443

作品紹介・あらすじ

ラジオが培ってきた技術をツイッターで生かすと、押しつけがましくなく、自然にあなたのことをわかってもらえて、味方を増やすことができる!日本初のツイッター完全連動番組のパーソナリティとして放送で毎日しゃべり、みずからの手でツイートを行う著者ならではの、初めて具体的にツイッターを理解し、具体的に使う知恵のある本。ツイッターがもたらす未来図へも踏み込む一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ニッポン放送の吉田尚記アナが書いたtwitterに関する2010年の著作。twitter黎明期に、ご自身のラジオ番組とtwitterを連動させて、積極的に活用されていました。個人的にハッシュタグなども含め、twitterの基本的な使い方って、あの「テキスト生放送」で覚えたなと思います。そして、ラジオ番組との連動は今も続いています。あれから、もう10年も経ったんですね、時の流れるのは早いです。

  • 以前読んだ本で紹介されていたので興味を持った。
    Twitter×ラジオの視点は新鮮。
    この本が出版されるまでのお話が面白かった。

  • 新書

  • 最近、ラジオの投稿をツイッターでやっているところ増えたよなあ!ちなみにJ-waveリスナー!

  • タイトルに惹かれて購入 。
    学生時代、芸人さんの深夜ラジオを聞いていた身には、出てくる例が分かりやすく、共感する箇所多数。
    一番気に入った分析は以下。

    ラジオ(生放送)の本質は「いま、この瞬間に誰かが一緒にいる」という時間の共有感覚にある。
    ツイッターも、”なう”のように”今いる”というメッセージを強く訴えかけている。
    ※他のSNSは”最終ログインは5分以内”など、”5分位内にはいた”→"今はいない"ことをつきつけてくる。

  • twitterというわりと新しいサービスと、ラジオという古くからあるメディアの間に共通点を見出していているというところが面白い。そして、話を聞いていると納得できることが多い。

    twitterもラジオも、リアルタイムな面が大きいため、誰かが「いま、いる」ということを感じられるから安心できるという話が印象的だった。

    ラジオのパーソナリティだからこそ書ける本。

  • ぼくの筆者に対するイメージは西川ちゃんのANNでレイヴの餌食になってる人でした。Be-SIDE your Lifeのリスナーにとってはお馴染みの本。ラジオのつくりかた、フリートークの作り方にも触れているし、社会学的な(っぽい)言及も。野球は楽しいけど、のくだりは秀逸。

  • Twitterとラジオ。今まさに自分が欲している本じゃないか!
    Podcastのヒントも得られるかと思い購入。
    で、自分も感じてた「好きなこと、ポジティブなことを共有・表面化する」Twitterは自分に合ってるなと再認識した。

    ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが、体験談を通してTwitterとラジオの共通点を紹介している。
    話し言葉のような本だと感じた理由はあとがきに。


    ・つぶやけ、さもなくば滅びよ
    ・自分の言葉で好きという気持ちを
    ・みなさんは×
    ・創作物はポジティブな気持ちからできてる
    ・ラクなところにしか笑いは生まれない
    ・ひとつの伝えたいこと
    64、66、67、75、99、158

  • 本書を読んで、Twitterをより楽しむために、以下のことがポイントだと思った。
    ・どんどんツイートする
    ・自分の言葉で、感情を込める
    ・同じ時間にいることを意識する
    ・くだらないこと、たとえ話などのツイートを楽しむ

  • もっとうまく使ってみようと思う。前向きな文体に好感を持つ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉田尚記(よしだ・ひさのり)
1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。またマンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。著書に『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)、『あなたの不安を解消する方法がここに書いてあります。』(河出書房新社)など。
Twitterアカウント @yoshidahisanori

「2020年 『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田尚記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
堀江 貴文
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×