あした、山へ行こう! 日帰り「山女子」のすすめ

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (15)
  • (28)
  • (31)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 270
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164597

作品紹介・あらすじ

登りたい気持ちがちょっとでもあればきっと登れる、「みき流」山登り
装備&コース選び、そして、めちゃくちゃ楽しい登り方
わかりやすい! 共感できる! コミックエッセイ

たった1日、1日でいいのでお休みとれませんか?
体力がないから、道具がないから、時間がないから、こわいから、お金がないから、愛がないから?
ダイジョーブ、ダイジョーブ。そんなあなたに行ってほしいのです。
あした、晴れたら山に行ってみましょうよ! ――<まえがきより>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 登山系のイラストレーター、鈴木みきさんの本。漫画です。

    山に行ってみたいけど、何から始めていいか分からない人向け。

    ゆるい感じで非常に読みやすいです。
    おすすめの山や寄り道できる場所なども紹介されているので、行きたい場所が増えました。

  • こちらもまた大笑いで読み終えました。

    著者とは同世代と言うことや、
    もしかしたら性格的にも共通点が多いかも、と思うところもあり、
    山のことどうこう置いといても面白い。
    ・・・いや、置いておいちゃあいけないんだけどさ。


    仕事柄、連休を取りにくいこともあり、
    近場の低山を日帰りで楽しむことを、これからの趣味にできたらいいな。

    装備品のアドバイスを元に、買い物に行こう!!


    (関市立図書館)

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「装備品のアドバイスを元に」
      低い山で日帰りでも、やっぱり装備はちゃんとしなきゃね。
      山の綺麗な空気を吸って、お仕事の疲れを癒してください。
      「装備品のアドバイスを元に」
      低い山で日帰りでも、やっぱり装備はちゃんとしなきゃね。
      山の綺麗な空気を吸って、お仕事の疲れを癒してください。
      2012/07/12
  • 山へ行ってみたいけど、何から始めればいいかわからない方への入門書。
    イラストの解説でわかりやすいです。
    地図等、山の情報はあまりないので、山への具体的なアプローチというよりも、もう少し手間の山へのやる気を出してみる本という感じです。

    2021.4.1 再読
    山への持ち物へのアドバイスが書かれて、その通りだなと思いました。

  • 働く女子に、日帰り登山してみよう~!とすすめてくれる漫画。準備すべきものや気を付けること、構えなくていいよ~みたいなことがかかれていた。

    最近山登ってないので、久々にのぼりたいな~て思えた^^
    ただ、体育会ディスりすぎじゃない(TT)?ってなった。
    (文化系の人たちに安心してほしいのでそうしてると思うけど)
    体育会だって山のぼりたいんだい。

    ロープウェイとか山小屋も楽しみたいな~ってなった。
    あと、天覧山や湯坂路も気になった!

    初心者の気持ちにたって説明してくれるので、かまえずに読めた^^

  • 非常にゆるーい内容なのですぐに読了。登山を始めたばかりの人なら読んで損はないと思う。登山を始めるための準備について書いてあるだけでなく、自然の楽しみ方といった精神的なことについても記述してるのは高評価。
    ただ、著者と笑いのツボが全然合わなかった。性差と年の差によるものなのか?

  • 2017/9/26読了


    四季の装備リストなどあり
    やはりくどいので、自分には合わない・・

  • 前に読んだ鈴木さんの本が面白かったので、こちらも読んでみたが、結構共感出来る内容で面白かった。
    基本ぼっちだけど、山に興味があるので、その背中を押してくれる本だった。自然公園くらいから始めてみようかなと思う。

  • ハマったらのめり込むタイプなので。
    山の魅力をぜーんぶ代弁してくれてる。
    私が山にはまったのは、オフロードバイクの林道走りからでしたが。
    山は、日常でたまった汚い澱を浄化して、力をくれる。

  • 今回は、山の初心者向け。

  • 絵柄があんまり好きじゃなかった。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、東京都生まれ。24歳のころのカナダ旅行で壮大な山の景色に感銘し、山の魅力にハマる。山岳雑誌の読者モデルで各種登山を経験、さらにスキー場や山小屋でのバイトの経験で積み上げたものをもとに、山系イラストレーターに。単行本のデビュー作は『悩んだときは山に行け!』(平凡社)。その後イラストレーションの仕事や雑誌などへの寄稿、トークイベントや講演を行い、女子登山を応援している。著書に『あした、山へ行こう!』『山小屋で、会いましょう!』『山テントで、わっしょい!』(以上、講談社 女子登山三部作)など多数。ほか、女性ひとりでも参加しやすい登山ツアーの企画&随行も行っている。アラフォーで東京から生活拠点を山梨県北杜市に移し、8年間暮らしたのち、現在は札幌市在住。

「2020年 『もしも…に慌てない 登山式DE防災習慣 お役立ちコミックエッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木みきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
村上 春樹
朝井リョウ
角田 光代
村上 春樹
村田 沙耶香
東野 圭吾
沢木耕太郎
伊坂幸太郎
道尾秀介
東野 圭吾
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×