『デジタル脳』が日本を救う - 21世紀の開国論

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164672

作品紹介・あらすじ

デジタルとネットで大転換するこれからの世代・生活・社会・教育を、情報科学と認知科学の権威が豊富なデータと鋭い洞察力で指し示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 微妙.
    確かにそうだなと納得出来るところも多いのだが,何か思い込みというか押しつけというか上から目線というか・・・
    まあ,著者は元慶応義塾長だからいいんだけど.

  • 特に真新しいことは、なかったかな。

  • ・ネット世代がその上の世代と違う特徴
     ①高度成長を知らず、貧乏国から豊かな国になったという認識がない
     ②米ソ冷戦を知らず、欧米もアジアもロシアも同じ目線で感じる
     ③デジタル革命とグローバリズムはものごころついたときから
    ・奉仕は自己犠牲、ボランティアは自分たちが公の場を創る感覚
    ・若者に「元気を出せ、頑張れ」と言っても空回り。日本はダメだと言い続け、実際にダメにしたのは大人たち。その大人が自分のことを棚にあげて叱咤激励しても通用しない
    ・ネット世代は、大人よりむしろ情報を鵜呑みにしない術、「そりゃウソでしょ」と言える力を身につけている
    ・アジアの国々と比較すると日本は以下に恵まれているか。政治の安定、民族宗教の軋轢、貧富の差、国民の生活レベル、安全、電気水道インフラ、先端科学技術、100%の義務教育、1000年超える歴史と独自の文化、四季

  • タイトルの『デジタル脳』というのは一見怪しげに見えるが、まっとうな教育論。特に第3部“「頼れる若者」を増やす教育”は同感。まさに、グローバルな時代に(自分たちらしく)活躍できる人を育成するための改革が今、必要だと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

安西祐一郎の作品

ツイートする